TOPマツコ&有吉 怒り新党 / かりそめ天国 ≫ マツコ・デラックス、映画の「R指定」基準が厳しくなろうと子供も「ネットで見れてしまう」ため無意味だと指摘

マツコ・デラックス、映画の「R指定」基準が厳しくなろうと子供も「ネットで見れてしまう」ため無意味だと指摘

2019.02.28 (Thu)
2019年2月27日放送のテレビ朝日系の番組『マツコ&有吉 かりそめ天国』(毎週水 23:15-24:15)にて、マツコ・デラックスが、映画の「R指定」基準が厳しくなろうと子供も「ネットで見れてしまう」ため無意味だと指摘していた。



マツコ・デラックス:「過激」のラインが変わっちゃったよね、前と。

有吉弘行:うん、うん。

マツコ・デラックス:それこそ、ちょっとドラマで濡れ場が出てくるだけでさ、「おお」ってなってたわけじゃん。

有吉弘行:うん。

マツコ・デラックス:でも、今は物心ついた時からさ、もっとすげぇ動画、見れちゃってるわけじゃん。

有吉弘行:うん。なんかいつでも損だよね、ちゃんとしてるほうがね。もうちょっとちゃんとしてない方を厳しくしないとさ。

マツコ・デラックス:それでだって、教育に悪いってさ、前よりR指定の基準は厳しくなってきてるわけじゃん。

有吉弘行:うん。

マツコ・デラックス:それは映画館で子供たちは見れないかもしれないけど、もっとすげぇもんがスマホに流れてるわけだから(笑)

有吉弘行:余裕で見てるもんね。

マツコ・デラックス:そう。

有吉弘行:親が「ブロックしてます」なんて通用しない。アイツらのほうが賢いから。

マツコ・デラックス:賢いから。説明書見ないと分からないんだから、親は。

有吉弘行:アイツら、もう全員ハッカーなんだから。

マツコ・デラックス:ふふ(笑)

有吉弘行:出たての頃はなんかあってね、ドキドキしたけど。

マツコ・デラックス:日本の基準も、アメリカみたいになってきちゃったよね、もうね。

有吉弘行:うん。

マツコ・デラックス:アメリカってR指定乱発してるから、映画。だからもう、それだけ厳しく取り締まってるんだろうけど。

有吉弘行:うん。

マツコ・デラックス:無意味だよね、そんなの。だってそのR指定の映画だって、ちょっと経てばもう動画で見れちゃうわけよ。

久保田直子:そうですね。

有吉弘行:それこそ、あっちになってくるんじゃない?ネットのAmazonだNetflixだとかさ。あっちだとオッパイ平気で出たりするじゃない。

マツコ・デラックス:地上波でやったら「イジメ」とか言われちゃうようなのもさ。

有吉弘行:「有料ですから」って言って。

関連記事


加藤浩次、子供のゲーム時間の制限について提言「1日1時間なんて守れない。その日ごとに親が決めれば良い」

オードリー若林、テレビ番組スタッフが「情報解禁、まだです」とトークを制限することに疑問「見てもらわなきゃいけない時代なのに」

有吉弘行、レディー・ガガのドキュメンタリー番組でガガが急に男性スタッフの前で胸をさらけ出して驚く「止めて、10分ぐらい見てた」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : マツコ・デラックス,有吉弘行,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  マツコ&有吉 怒り新党 / かりそめ天国
次の記事:有吉弘行、レディ・ガガが打ち合わせ中にも関わらず急に胸をさらけ出したドキュメンタリー映像に驚く「こんな打ち合わせある?」

前の記事:山里亮太、最近のテレビ番組が「怒ってる人ばっかり出てる」と指摘「怒ってる人ブームなのかな」