TOPたまむすび ≫ 山里亮太、映画『翔んで埼玉』を見に来ていた東京出身のカップルに敗北感「カップルだ、東京出身だ、で」

山里亮太、映画『翔んで埼玉』を見に来ていた東京出身のカップルに敗北感「カップルだ、東京出身だ、で」

2019.02.26 (Tue)
2019年2月26日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、映画『翔んで埼玉』を見に来ていた東京出身のカップルに敗北感を感じたと語っていた。



山里亮太:(映画『翔んで埼玉』上映終了後に)埼玉の人がいて、「あれは凄いウケるよね」とか言ってて。

赤江珠緒:うん。

山里亮太:あと、後ろから声が聞こえてきたのが、「面白かったね」って、カップルだったんだけど。

赤江珠緒:うん。

山里亮太:「いや、面白かったこの映画」って。

赤江珠緒:うん。

山里亮太:で、「でもね、私たち2人とも東京だから、ちょっとなんか申し訳ないって気持ちになったね」っていう会話を聞いてるときに、むちゃくちゃ敗北感を感じちゃって(笑)

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)

山里亮太:後ろ、カップルだ、東京出身だ、で。

赤江珠緒:そうですね(笑)

山里亮太:本当に今度は、千葉バージョンでちょっと東京に戦いを挑みたくなってきた。

赤江珠緒:ふふ(笑)一人千葉人としては(笑)

山里亮太:そう。

赤江珠緒:そっか。面白い映画に当たりましたね。

山里亮太:すげぇいいなぁって思った。すげぇバカバカしいのよ、いい意味で。あんなんが凄い見てて楽しかったなぁって思って。

赤江珠緒:ああ、いいですね。

関連記事


山里亮太、映画『翔んで埼玉』は上映中もまるで「お笑いのライブ」のように大爆笑が起きていたと語る「ガンガン笑い声が上がる」

有吉弘行、北野武映画『みんな~やってるか!』を映画館で見ていて「笑ってるの俺だけ」だったと明かす「最高の映画(笑)」

岡村隆史、満島ひかりの「映画は監督のもの、ドラマは脚本家のもの、舞台は役者のもの」という言葉に感銘を受ける


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 山里亮太,翔んで埼玉,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:爆笑問題・太田、「自称」桑名正博の息子・乃羅がDNA鑑定で親子関係を否定されたことに同情「お母さんから言われてたんだから」

前の記事:山里亮太、映画『翔んで埼玉』は上映中もまるで「お笑いのライブ」のように大爆笑が起きていたと語る「ガンガン笑い声が上がる」