TOPたまむすび ≫ 山里亮太、映画『翔んで埼玉』は上映中もまるで「お笑いのライブ」のように大爆笑が起きていたと語る「ガンガン笑い声が上がる」

山里亮太、映画『翔んで埼玉』は上映中もまるで「お笑いのライブ」のように大爆笑が起きていたと語る「ガンガン笑い声が上がる」

2019.02.26 (Tue)
2019年2月26日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、映画『翔んで埼玉』は上映中もまるで「お笑いのライブ」のように大爆笑が起きていたと語っていた。



山里亮太:映画を見に行ってきまして、先日。

赤江珠緒:おお。それこそ昨日、アカデミー賞だし。

山里亮太:そう、そう。

赤江珠緒:我々、町山さんから映画情報のシャワーを浴びてます。

山里亮太:そう。で、僕、大体、もうこのラジオやってから、映画行く時は町山さんにご紹介いただいたものがほぼ9割9分ぐらい。

赤江珠緒:うん。

山里亮太:超ひさしぶりに、町山さんからお勧めじゃなくて、自分から「見てぇな」って思ってた映画を見てきました。

赤江珠緒:おお、いいじゃないですか。

山里亮太:『翔んで埼玉』っていうね。

赤江珠緒:ああ、はいはい。

山里亮太:今、話題の。

赤江珠緒:私も予告見て、「凄いな、この映画」って思いましたけど。

山里亮太:あれね、予告でさ、「もう面白い」ってなんか分かるじゃない。

赤江珠緒:うん。

山里亮太:それが、ずっと最初から最後まで。

赤江珠緒:ああ、そう。

山里亮太:あの感じの面白さが、ずーっと2時間くらい詰まってる感じで。

赤江珠緒:あれ、埼玉を自虐的に捉えたコメディ映画ってことですよね。

山里亮太:そう、そう。埼玉とか千葉が、通行手形ないと東京に入れないっていう設定のお話。

赤江珠緒:ふふ(笑)そうね(笑)

山里亮太:東京様に入れないよっていう。で、俺は千葉出身だから、千葉目線でも見れたりするの。

赤江珠緒:ああ、なるほど。

山里亮太:いや、面白いの。この自虐っていうか、いじり方が凄い絶妙で、めちゃくちゃセンスいいの。

赤江珠緒:GACKTさんとか、二階堂ふみさんが出られてるんだよね?

山里亮太:二階堂ふみさんは、男の子の役で出てるの。

赤江珠緒:あ、そうなの?

山里亮太:元々、原作は『パタリロ!』の人だから。

赤江珠緒:ああ、そうか。

山里亮太:『パタリロ!』の世界観なのよ。学校とかも。『ベルサイユのばら』みたいな。その世界観なの。GACKTさんも高校生だし。

赤江珠緒:ああ、だから高級な制服みたいなの着てる感じなのか。

山里亮太:そう。凄いなんか、それぞれの県のデフォルメの仕方が面白いし。

赤江珠緒:へぇ。

山里亮太:戦闘シーンも面白かったよ。そこは本当に笑う。ドキドキしながら、千葉県で「俺、イジられたらどうしよう」なんて勝手に天狗になってたけどね。もちろん出ないけど。

赤江珠緒:あ、山里さんが(笑)そういう現代っぽい情報も混ぜられてるっていうか。

山里亮太:そう。ボケ、分かりやすいし、面白い。

赤江珠緒:見てる人はどう?

山里亮太:めっちゃ笑ってる。お笑いのライブ見に行ってる感じ、お客さんの感じが。ドッカンドッカンウケんのよ。

赤江珠緒:わ、そうですか。

山里亮太:映画館でそんなにガンガン笑い声が上がるってそう見たことないから。埼玉の人じゃなくても面白い。埼玉の人はより面白いと思うけど、あるあるがめっちゃ出てくるから。

赤江珠緒:これは日本全国出てくる感じ?

山里亮太:関東エリア。

赤江珠緒:ああ、そうか。でも、関東エリア外の、たとえば私みたいな、兵庫県民が見ても「ほう、ほう」って?

山里亮太:イジリ方が田舎っていうか、その遊び方、埼玉の遊び方が上手だから。

赤江珠緒:ああ、いいですね。

山里亮太:極端にデフォルメされてるのよ、神奈川が出てきたり。

赤江珠緒:そういう地方のあるあるみたいなのありますもんね。

山里亮太:で、俺は映画一人で行くんだけど。

赤江珠緒:知ってる(笑)

山里亮太:ふふ(笑)そうなんだけどね(笑)…で、帰り道、出てくとみんな、出身地の話をするのよね(笑)

赤江珠緒:ああ。

山里亮太:「私、○○出身だから、凄いここ楽しかった」とか。

赤江珠緒:ああ、面白いですね。

山里亮太:俺も千葉で育ったから。「俺がもし戦うなら、どう戦おう?」って思ってて(笑)

赤江珠緒:千葉だったら、ピーナッツ?

山里亮太:まぁ、そうなってくる。一番の武器はそこになってくるね。それもね、落花生のイジリ方も上手に出てきます。

赤江珠緒:ああ、映画の中でも?

山里亮太:そうです。

赤江珠緒:山ちゃんだったらどう戦う?

山里亮太:俺だったら…夢の国の方々が、味方にいますね、ウチは。

赤江珠緒:そうか、それがいらっしゃいましたね(笑)

山里亮太:最強のエンターテイメント集団、夢の国の人々がいますんで。

赤江珠緒:はい。

山里亮太:そこら辺は…千葉は戦う時にそこを武器にしちゃうんです。でも、そうすると「千葉なのに東京って名乗ってんじゃん」っていう、埼玉からの攻撃。

赤江珠緒:ふふ(笑)ああ、そうか、そうか。

山里亮太:「海ねぇじゃねぇか、この野郎」みたいな戦いになってくるのよ(笑)

赤江珠緒:ふふ(笑)海なし県はそこイジられますね(笑)

山里亮太:そう、そう。そうすると、次は東京ドイツ村を責められ。

赤江珠緒:関西エリアでも、滋賀は「水止めたろか」みたいな(笑)

山里亮太:琵琶湖ね。

赤江珠緒:「琵琶湖の水、止めたろか」って言われると、関西圏はみんな黙る、みたいな(笑)

山里亮太:ふふ(笑)それで、千葉でどう戦おう、みたいな考えながら。

赤江珠緒:うん。

関連記事


伊集院光、映画『来る』は子役がグズってしまってスーパーでのシーンが「わりとコンパクト」になっていたと明かす

明石家さんま、木村拓哉主演映画『マスカレード・ホテル』にエキストラで出演していると明かす「木村の娘さんは、すぐ見つけた」

岡村隆史、映画『決算!忠臣蔵』が撮影終了したと明かす「今年中に公開」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 山里亮太,翔んで埼玉,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:山里亮太、映画『翔んで埼玉』を見に来ていた東京出身のカップルに敗北感「カップルだ、東京出身だ、で」

前の記事:山里亮太、エレベーターや電車の出入り口付近に立ったままで動かない人に怒り「凄い言葉に不快感をまとわせてどいてもらう」