TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、「#このラジオがヤバい」企画に対して「ツイッターでのバズ=ラジオ番組の面白さ」の判断基準となることに疑問

伊集院光、「#このラジオがヤバい」企画に対して「ツイッターでのバズ=ラジオ番組の面白さ」の判断基準となることに疑問

2019.02.26 (Tue)
2019年2月25日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、「#このラジオがヤバい」企画に対して、「ツイッターでのバズ=ラジオ番組の面白さ」の判断基準となることに疑問を呈していた。



伊集院光:今度新しくさ、NHKと民放が揃ってさ、ツイッターのキャンペーンみたいなの始めたじゃん。ツイッターで、「#このラジオがヤバい」ってつけてつぶやいた、その数が多いやつのラジオが面白いってことだよっていう。

目指すは「ツイッターを打てる場合じゃない」ぐらいの面白さ


うーん…(笑)俺は、聴く人は、どういう形で聴いてもいいの。ツイッターをいくらやってもらってもいいんだけど、こっち側の意地としては、ツイッターなんて打ってる場合じゃないくらい面白いこと言いたい。

ツイッターの手なんか、もう止まっちゃって、もう笑っちゃって笑っちゃってしょうがないぐらいの。すげぇ、「お腹痛い、お腹痛い」って言ったら、「臓物が出ちゃってたんだ」っていう(笑)

「おかしい、あんまりにも面白いんで、お腹痛い。その上、伊集院のトークが上手すぎて、俺、ここのところにシマチョウが、シマチョウが…違う、お腹が破れている」っていうのがいいわけ。

それが俺の目指すラジオは、そういう人ばかり、聴いてる人が(笑)聴いてる人が、そういう人ばかりで、「あ、そう言えば学校帰ってすぐ、白装束に着替えて割腹したんだった。それなのに、12時59分に急に目が覚めて、伊集院のラジオが聴けたんだった」って思って。「うっかりしてたよ」なんていう人で構成されてて欲しい。それを夢みてるわけ、俺は。

自分の中での「深夜ラジオ」像との乖離


本当に勘違いされちゃうと困るのは、ツイッターはやっていいし、やってくださいだし、やるのは自由だけど、やっぱり「それを基準では、俺は喋れないじゃん」と思うんだ。

だって別に、未だに…「これ、凄い昔から使ってるんですよ」っていう。「三階建てのビルぐらいの大きさのラジオなんです」なんていう(笑)それでいて、編み込んだ肌色のイヤホンで聴いてます、みたいな(笑)

三階建ての家ぐらいのところにそのイヤホンだけ出てて(笑)お前はどこにいるんだよ、そうするとっていう状態で聴いてる人とかもいてっていう。

もっと言うと、これは自分達の頃だと、俺が面白いと思っていることを、たけしさんが面白いって言ってくれるかどうかなの。ビートたけしが面白いって。タモリさん、所ジョージさんが面白いって言ってくれるかどうかってことが勝負だし、この関係性でしかない、ラジオに横の関係性なんかないの。

俺一人しか聴いてないと思う。「ビートたけしは、俺に喋ってる」って思ってたし、谷山浩子は可愛いと思ってるから、こっちは(笑)だから、その関係性でやるものがラジオだと思って。

あと、「俺以外にも、誰か聞いてんじゃねぇか?」ってときに、ハガキよく読まれる人とかがいると、「この凄い面白い人はどこにいるんだろう?」って思ってる感じが俺の思ってた深夜ラジオだから。

ツイッターでのバズが「面白さ」の基準になること


そうすると、ツイッターの中で、みんなで集まって聴くっていう人は、それはその人たちがやればいいことで、俺と関係がないっていう。俺は、そこを気にしては出来ないって思ってるんだけど。

でも、もはやさ、ツイッターで盛り上ってるラジオがいいラジオっていうか、もっとシビアなことを言うと、そこ盛り上がってないラジオに関しては、もう聴取率調査もなくなったここですよ。続けさせてもらえるのかどうかも、分かんないんですよ、もうそうなってくると。

新しい指針が、radikoのカウントが高いとか、NHK・民放が合同でやってる人気投票が上がるっていうことが…ツイッターのホットワードのところに出てくるということが、ラジオの面白さの基準になってくるとすると、俺、むしろツイッターの邪魔になるようなラジオをやりたいと思っていること自体が、もう自殺行為だなって。

関連記事


伊集院光、ラジオ局も聴取率についてシビアであると明かす「『大惨敗』ならすぐ番組終わるんだから」

伊集院光、TBSラジオの社員から「自分の番組をツイッターで宣伝して拡散を」と通達されたことを明かす

神田松之丞、聴取率欲しさに童貞リスナーを囲い込むラジオパーソナリティを批判「汚ぇやり方あるじゃん」

伊集院光、『深夜の馬鹿力』は生放送で続けることができなければ「店じまい」すると明かす「限界が恐らくかなり近づいてる」

伊集院光が語る、スペシャルウィークに特別企画やゲストを呼ぶのをやめたワケ


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,ラジオ,聴取率,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力
次の記事:伊集院光、ツイッターでのバズが人気番組の基準となるなら「間違えたことを言う」ことでもホットワード入りしてしまうと指摘

前の記事:伊集院光、『ビートたけしのオールナイトニッポン』を毎週心待ちにしていた頃のノスタルジックな思い出「聴けない日があったり」