TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、『バイオハザードRE:2』をプレイしていて「ゾンビ慣れ」している自分に気づく「怖いのではなく、邪魔だなぁと思う」

伊集院光、『バイオハザードRE:2』をプレイしていて「ゾンビ慣れ」している自分に気づく「怖いのではなく、邪魔だなぁと思う」

2019.02.26 (Tue)
2019年2月25日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、『バイオハザードRE:2』をプレイしていて、「ゾンビ慣れ」している自分に気づいたと語っていた。



伊集院光:不思議ともうさ、あれに慣れちゃったから、『バイオハザード』っていうものに慣れちゃってるから。何が起こるか分からなくはないじゃん、絶対。「大体、こういうことが起こる」ってことが起こるから。

なんつったらいいのかな、ゾンビが出てきても怖いとか思わないのね。「邪魔だなぁ」と思う(笑)「ここにあんなのいられると、邪魔だなぁ」っていうのと、あと一応2のリメイクだから、「お久しぶり」っていう(笑)

これもまた難しいもんでさ、絶対、グラフィック的には天と地の差があるんだけど、元々の、初めてやった時の、今思えばしょぼいはずのプレステのグラフィックみたいのも、頭ん中で保管しちゃってると、今より綺麗ぐらいの話になってるから。「肩のところに目玉のついてる人、久しぶり」みたいな感じになって。なんか不思議なやつ。

『ウォーキング・デッド』も、シーズン新しいの始まって見てるけど、『ウォーキング・デッド』ももはやさ、メンバーたちもゾンビに慣れちゃってるからさ、前まで一匹ゾンビ出てくると大変だったけどさ、最近はサクサク、サクサク。何万匹出てくるちょっときついけど、一匹、一匹はどうでもいいやって倒し方してるけど、あれに近いような感じ。

だから、『バイオハザード』の今一番新しいやつを、「うわ、怖っ!」ってやってる人は何歳ぐらいの人なのかね。意外にその一番若い、初めて『バイオハザード』やるみたいな人って、もうみんなスマホに行っちゃってるから、PS4はあんまりガッチガチの中学生とか高校生とかはやってないイメージじゃんか。

そうすると、今、あのバイオハザードのあの凄い臓物出てる、シマチョウもギアラも全部出ちゃってるやつを、「本気で怖がってる人って誰なんだろう?」とか、「どれぐらいいるだろう?」みたいな。

「バイオは最後まで見届ける」っていう層もいるんだろうね。「ずーっとやってるし」っていう人もいっぱいいるから。そういう、俺みたいな「ああ、これぐらいの感じね。なるほど、そうそう。この角から出たね」っていう感じの人の方が多いのかなと思って。

関連記事


伊集院光、『バイオハザード』のネタ元『アローン・イン・ザ・ダーク』について語る「カプコンの人が『パクリました』と言ってる」

伊集院光、バイオハザードの進化の歴史の中で『RE:2』の恐怖感やリアルさは「そこまで凄い上がる感じもしない」と指摘

伊集院光、『バイオハザード7』は徹底的にリアルが故に現実感のない「アイテムボックス」「回復薬」が気になると指摘

伊集院光、『モンスターストライク』開発者・岡本吉起の巨額な負債を抱えてからの「大逆転劇」について語る


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,バイオハザードRE:2,ウォーキング・デッド,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力
次の記事:伊集院光、MicroSDが「1TB」と大容量になったと驚くも「8Kの動画で20時間」であることに「皮肉なもんだな」

前の記事:伊集院光、バイオハザードの進化の歴史の中で『RE:2』の恐怖感やリアルさは「そこまで凄い上がる感じもしない」と指摘