TOP神田松之丞 問わず語りの松之丞 ≫ 神田松之丞、師匠・松鯉が小学生を見事に引きつけて講談を行っている姿に感動「子供たちが固唾を飲んで聴いて」

神田松之丞、師匠・松鯉が小学生を見事に引きつけて講談を行っている姿に感動「子供たちが固唾を飲んで聴いて」

2019.02.25 (Mon)
2019年2月24日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『神田松之丞 問わず語りの松之丞』(毎週日 23:00-23:30)にて、講談師の神田松之丞が、師匠・松鯉が小学生を見事に引きつけて講談を行っている姿に感動したと語っていた。



神田松之丞:学校寄席に行く時に、やっぱ「はっ」って思う時あんのよ。学校寄席って、講談って結構ね、色んな講釈師がやってるみたいですけど、やっぱあんま上手くいかない例が多くて。

ウチの師匠とかはいいんだよね。ウチの師匠とかは、75~6ですから、説得力もあるっていうのもあってね、これいつかの放送でも言ったと思うんだけどね。ウチの師匠と1回行ったんですよ…あ、2~3回行ってるかな。

『観世肉付の面』っていうネタをやって。それはどういうことかっていうと、面が取れなくなる、みたいな。人の呪いでね。いわゆる怪談話みたいな感じなんですよ。本当は凄い長いんですけど、短い10分ちょっとの、小学生でも楽しく聴けるみたいな感じなの。

で、ウチの師匠はもうニッコニコでさ。「ちょっと、松之丞。今回、学校寄席ということで。仕掛けをしようと思う」って。「師匠、何するんですか?」「見てのお楽しみだ」っつって。

そしたらなんか、般若の面みたいなのを浅草で買ってきたらしくて。ウチの師匠がその般若の面をつけながら、高座上がってったのよ。そしたら、小学1年生から6年生が集まる学校寄席なんだけど、1年生3年生とか、前の席に小さいから座ってんだけど、みんな泣き出すっていう(笑)

で、般若の面をつけたままの神田松鯉、大変に偉い講談の先生が、どっかと座ってパンパンと張り扇叩いて、面とりながら「ねぇ、怖かったでしょ?」っていう(笑)

そりゃ怖いよ(笑)もう、狂気じゃん。いきなり般若の面をつけてきた男が学校に入ってきたら、もう。で、ウチの師匠、上手いのがさ、「実はね、これとれたからいいようなものの、もしもこの面が一生を取れなかったら。今日はそんなお話で…」って言うと、子供がさ、「え?本当にとれないことがあるの?そんな話があるの?」って、グーッて食いつくみたいな。

だから、ウチの師匠のそれ、成功してるんだけど、俺は袖から見てると、もう大笑いだよね、それはね(笑)「色々、師匠工夫されてんなぁ、あのお年でも。あんなに芸があるのに」と思ってさ。

で、子供たちに分かりやすい言葉で。普通、笑いがないと大体、飽きちゃうんですよ、そういう学校寄席とかって。でも、ウチの師匠、ピシッと子供たちに分かる言葉で、短くして。

なんかね小学校1年生の子とかがねぇ、もう体育座りとかして。暴れちゃうんですよ、学校寄席行ったことがある人分かるんですけど。もう、つまんないと暴れちゃうの、子供って、どんな頑張ってもさ。集中力ないから。

それをただの話芸でさ、グーッて引き寄せて、子供たちが固唾を飲んで聴いてる、みたいなのさ、ちょっと弟子として感動すんだよね。

関連記事


神田松之丞、師匠・神田松鯉が大の「赤江珠緒ファン」であることに驚く「人間って、色んな感性があるんだなぁ(笑)」

伊集院光、落語は観客の前ではなく師匠・三遊亭円楽の前だけで披露したいと思う理由「評価してもらいたい人が、師匠しかいない」

くりぃむ有田、伊集院光は「僕の師匠みたいな存在」であると語る「色んなことを教えてもらった」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 神田松之丞,神田松鯉,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  神田松之丞 問わず語りの松之丞
次の記事:神田松之丞、学校寄席で訪れた高校職員の前職を聞いて驚いたと明かす「たけし軍団にいました」

前の記事:神田松之丞、新井浩文容疑者の逮捕で「グレーなマッサージ」の話をしづらくなってしまったと告白「はみ出しモンが出やがったから」