TOPバナナマンのバナナムーン ≫ バナナマン設楽、松本人志とのプライベートな会話は「くだらない話が大半」だと明かす「別に…何って話ってあるかな?」

バナナマン設楽、松本人志とのプライベートな会話は「くだらない話が大半」だと明かす「別に…何って話ってあるかな?」

2019.02.23 (Sat)
2019年2月22日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『バナナマンのバナナムーンGOLD』(毎週金 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・バナナマンの設楽統が、TBS系の番組『クレイジージャーニー』収録後の、恒例となった食事会などでの松本人志とのプライベートな会話は「くだらない話が大半」だと明かしていた。



設楽統:お笑いの話って言ったって、何を話したっけな。

日村勇紀:「あの頃、どうでしたか?」みたいなことでしょ?

設楽統:まぁまぁ、松本さんに訊くって感じもありながら。

日村勇紀:ね、訊きたいもんね。「あの頃、いくらもらってましたか?」とか、たとえばそういう話じゃない。

設楽統:まぁまぁ、ね。

日村勇紀:うん。「コント、どうやって作ったんですか?」とか。

設楽統:うん、そうよね。そんなのとかね。

日村勇紀:いいよね、そういうのね(笑)

設楽統:でも、今話したような方向の話をしたけど。でも、別に…何って話ってあるかな?なんか、くだらない話のが大半だったけどね。

日村勇紀:じゃあ、俺らと飲んでる時と一緒なんだ?

設楽統:ある程度の時間があれば、真面目な時間もあれば、ふざけてる時間もある、みたいな感じだったかな。

日村勇紀:ふふ(笑)

設楽統:あと、2人。ヒデ(バカリズム)と小峠が、初めて飲む感じだったから。

日村勇紀:うん。

設楽統:2人が九州とか。

日村勇紀:そうだよね、2人とも地元一緒だもんね。田川なんだよね、福岡の。

設楽統:そう、そう。なんかそんな話とか。

関連記事


バナナマン設楽、松本人志との食事会は当初「何をどう喋っていいか…」と緊張しっぱなしだったと告白

バナナマン設楽、『クレイジージャーニー』で共演する松本人志や小池栄子と日テレのスタジオで遭遇したと明かす

バナナマン設楽、『クレイジージャーニー』の取材で「身の回りのクレイジーな人」に日村を挙げる「ウォーキングに行って…」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : バナナマン,設楽統,松本人志,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  バナナマンのバナナムーン
次の記事:バナナマン日村、ケンドーコバヤシと飲食店で「逆水平チョップ」を上半身裸で打ち合っていて店員に「めちゃめちゃ怒られた」と告白

前の記事:バナナマン設楽、松本人志との食事会は当初「何をどう喋っていいか…」と緊張しっぱなしだったと告白