TOP芸人報道 ≫ お笑い芸人養成所の入学金・授業料などの比較

お笑い芸人養成所の入学金・授業料などの比較

2013.07.17 (Wed)
2013年07月16日放送の「芸人報道」にて、お笑い芸人養成所の各事務所の比較が行われていた。吉本NSC、松竹芸能タレントスクール、JCA(人力舎)など、多くの芸人を輩出した養成所から、まだマイナーな事務所まで、それぞれの特色についてまとめられていた。


吉本NSC松竹芸能タレントスクールスクールJCA(人力舎)
卒業生ダウンタウン、トミーズ、今田耕司、雨上がり決死隊など森脇健児、オセロ、よゐこ、ますだおかだ、TKO、安田大サーカス、キンタロー。アンジャッシュ、アンタッチャブル、北陽、ドランクドラゴン、東京03、キングオブコメディ
入学金・授業料(1年)40万円35万円(東京校)/30万円(大阪校)60万円(入学時に一括入金)
生徒数大阪・東京ともに600名約60名(東京校)/約60名(大阪校)117名



ワタナベコメディスクール目黒笑売塾
(ホリプロ)
TOKYO☆笑BIZ
(サンミュージック)
東京アナウンス学院
卒業生フォーリンラブ、原市、イモトアヤコザ・タッチ、KICK☆ぽ~くちょっぷ土田晃之、原口あきまさ、柳原可奈子、はなわ、イジリー岡田、入江慎也
入学金・授業料(1年)49万5,000円~42万円44万円250万円
生徒数約300名60名20名80名

スクールJCA(人力舎)は、入学時に一括入金を必要とする(分割不可)。

ワタナベコメディスクールは、

・お笑いタレントコース;49万5,000円、授業6コマ/週
・お笑いタレント総合コース:69万5,000円、授業9コマ/週
・お笑いタレントプロフェッショナルコース:125万円、授業15コマ/週


と分かれている。なお、お笑いタレントプロフェッショナルコースは、業界に直結した人物と出会える、といったメリットもあるようだ。

フォーリンラブ・バービーは、元々は放送作家コースに入ったが、事務所の人間に「その顔で放送作家コースってなんやねん」と言われ、お笑いタレントコースに入れられたそうだ。

優秀な生徒は入学金、授業料免除などのシステムがあり、ハライチは全て無料だったとのことである。

【関連記事】
よゐこは養成所時代から天才だった

南キャン・山里「NSC時代からキングコングに嫉妬している」

アンジャッシュ・児嶋「人力舎のコントが衰退しているワケ」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 養成所,芸能事務所,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  芸人報道
次の記事:07/17のツイートまとめ

前の記事:よゐこは養成所時代から天才だった