TOPアッパレやってまーす! ≫ ドランク鈴木拓、スタイリストが辞める時に鈴木の担当なのが「イヤだった」と告白されたと明かす「何を考えてるか分からず気持ち悪い」

ドランク鈴木拓、スタイリストが辞める時に鈴木の担当なのが「イヤだった」と告白されたと明かす「何を考えてるか分からず気持ち悪い」

2019.02.19 (Tue)
2019年2月18日放送のラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週月-木 22:00-23:30)にて、お笑いコンビ・ドランクドラゴンの鈴木拓が、スタイリストが辞める時に鈴木の担当なのが「イヤだった」と告白されたと明かしていた。



鈴木拓:衣装さんが辞めるって言って。ウチの相方は、なんか衣装が首が狭かったりすると、「ちょっとこれ、狭いからすみません」とか色々言ってたんですよ。

濱口優:うん。

鈴木拓:で、俺はもう指定されたのを、すぐ何でも着てやってたんですけど。最後、送別会の時に、「この中で誰で一番誰がイヤだった?」って言ったら、「鈴木さん!」って。

濱口優:ウソ(笑)

有野晋哉:なんで?(笑)

鈴木拓:俺、何にも衣装のこととか言わないし。

有野晋哉:文句言わへんのに?(笑)

鈴木拓:言わないのに。なんでかって言ったら、「鈴木さんはもう、自分の思ってることを一切言わず、何を考えてるのか分からなくて気持ち悪い」って。

濱口優:へぇ。

有野晋哉:はっはっはっ(笑)

濱口優:最後、別れるときにそれを言うかねっていう。

山本彩:たしかに。言わなさ過ぎも、みたいな感じなんですかね、人によっては。

濱口優:多分、そうなんですよ。やりがいがないんですよ。

山本彩:ああ、言って欲しいんだ。

関連記事


有吉弘行、アンガールズの2人は未だに自分で衣装を用意してテレビ出演していると明かす「センスいい」

バカリズム、全く活躍しなかった女性タレントが番組出演後に衣装写真をSNSへ掲載することに疑問「死に装束」

AKB48の衣装にまつわる3つの秘密「専門学校生が作成していることも」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 鈴木拓,ドランクドラゴン,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アッパレやってまーす!
次の記事:よゐこ濱口優、ツイッターで「間違ったことをツイートする」とリツイート数が急増すると指摘「指摘したいんだなぁ」

前の記事:ドランク鈴木拓、マネージャーの役割を子供に説明する上で「蛇口」にたとえたと語る「水(仕事)を出すか出さないかの蛇口」