TOP土田晃之 日曜のへそ ≫ バイきんぐ小峠、一番キツかったロケは「超能力が開花するのか検証する合宿ロケ」だったと告白「丸3日間何も食べれず」

バイきんぐ小峠、一番キツかったロケは「超能力が開花するのか検証する合宿ロケ」だったと告白「丸3日間何も食べれず」

2019.02.12 (Tue)
2019年2月10日放送のニッポン放送系のラジオ番組『土田晃之 日曜のへそ』(毎週日 12:00-14:00)にて、お笑いコンビ・バイきんぐの小峠英二が、一番キツかったロケは「超能力が開花するのか検証する合宿ロケ」だったと告白していた。



リスナーメール:一番、キツかったロケは何ですか?

小峠英二:ヒマな芸人を集めて、一週間秩父の山奥で「超能力が開花するかどうか合宿する」みたいな。

土田晃之:まだ売れてないからね。一週間、スケジュール押さえなきゃいけないからね。

小峠英二:そうなんです。

土田晃之:そういう芸人を選ぶんですね。

小峠英二:そうなんです。で、オーディションみたいなのがあって、「紙コップ透視をしてください」みたいなんで。

土田晃之:うん。

小峠英二:で、紙コップの底に、自分が強く思えるなんか一文字を書いて、それをもう一つ上から紙コップをかぶせて、隠した状態で紙コップが5個あって。他に書いてない4つがあって、それを一個引き当ててください、みたいな。

土田晃之:うん。

小峠英二:で、僕は「笑」って文字を書いてて、なんとなくとったらたまたま当たったんです。

土田晃之:うん(笑)

小峠英二:で、西村も当たったんですけど、感じで一文字「毒」って書いてて、どういうセンスしてんだって思って。

土田晃之:さすがだな(笑)

小峠英二:で、それでオーディション通って、一週間、山奥。朝昼晩、毎回紙コップ透視をさせられるんですよ。で、ハズレたら本当に飯抜きなんですよ。

土田晃之:ああ、そっか。そこは笑いの要素もあってね。

小峠英二:そう。で、僕はマジで丸3日間食べれなくて。ハズしまくって。

土田晃之:ああ。

小峠英二:で、西村は謎の力が芽生えて、毎回当てて。

土田晃之:はっはっはっ(笑)

小峠英二:下山する時に、アイツ少し太って帰ったんですよ。

土田晃之:はっはっはっ(笑)

小峠英二:アイツだけですよ、全員ほとんど食えなかったのに(笑)

土田晃之:凄いよね、西村は(笑)

小峠英二:変な奴ですよね(笑)

関連記事


オードリー若林、豪邸訪問のロケで300万円の壺を見せられて「要らねぇし」と思っていたと告白「全然買わねぇし」

オードリー若林、春日がロケで収録中にも関わらずヤンキーに絡まれていたと明かす「春日さんは、ずーっとシカト」

よゐこ濱口、アトランタ刑務所潜入ロケに感動したサンドウィッチマンから握手を求める「なんであんなことができるんですか!」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : バイきんぐ,小峠英二,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  土田晃之 日曜のへそ
次の記事:土田晃之、M-1やキングオブコントなどの賞レース優勝コンビを待ち受ける「3ヶ月」でその後が決まると語る「百戦錬磨の奴らに囲まれて」

前の記事:バイきんぐ小峠、キングオブコントはようやく巡ってきた「初めて訪れたチャンス」だったと明かす「良い時期が全くなかった」

本日の注目記事