TOP土田晃之 日曜のへそ ≫ バイきんぐ小峠、キングオブコントはようやく巡ってきた「初めて訪れたチャンス」だったと明かす「良い時期が全くなかった」

バイきんぐ小峠、キングオブコントはようやく巡ってきた「初めて訪れたチャンス」だったと明かす「良い時期が全くなかった」

2019.02.12 (Tue)
2019年2月10日放送のニッポン放送系のラジオ番組『土田晃之 日曜のへそ』(毎週日 12:00-14:00)にて、お笑いコンビ・バイきんぐの小峠英二が、キングオブコントはようやく巡ってきた「初めて訪れたチャンス」だったと明かしていた。



小峠英二:僕らがフリーの時期なんか、上のいわゆる人気者とかが出てるライブにすら、出れなかったんですよ。

土田晃之:ああ。

小峠英二:本当に、もう下の下のライブだったんで。一番売れてなかったです、僕らが。

土田晃之:じゃあ本当に、誰だか分からん人たちが出てるライブだから、その中からもう出てきてる奴はいないんだ?

小峠英二:いないです。

土田晃之:凄い成り上がりだね。矢沢永吉より成り上がってると思う。

小峠英二:はっはっはっ(笑)

土田晃之:マジで。そこからって、普通来れないんだもん。

小峠英二:良い時期というのが全くなくて、ずっとダメで。で、チャンスも本当に1回もなくて。初めて訪れたチャンスが、キングオブコントなんですよ。

土田晃之:だってさ、チャンスってある程度、そのライブの上のところにいなかったら、訪れないんだもんね。

小峠英二:そうなんです、そうなんです。

土田晃之:その下部組織の方は、見に来ないからね。

小峠英二:そう、そう(笑)

土田晃之:で、そもそもさ、なんだかんだ売れてる人たちって、最初からさ、ある程度、そこはキープしてるんだよね、上のライブにいるの。

小峠英二:うん、うん。

土田晃之:本当に勘違いしてる人たちも多いじゃない。「学校で人気者だったから」みたいな人とかもさ。

小峠英二:うん、うん。

土田晃之:「そうじゃねぇのよ」ってなるけど、そっから上がってくるってのは、本当凄いよ。

小峠英二:ああ。

土田晃之:それで今、テレビでこんだけ活躍してんだから。いや、マジで凄いと思う。

関連記事


バイきんぐ小峠、「親族のハゲがいっぱい集まる」葬式ではお坊さんが来た上に「故人もハゲてる」と明かす

スピードワゴン小沢、バイきんぐ小峠が『BLUE GIANT』の影響でサックスを始めたと明かす「『BLUE GIANT』読んで」

爆笑問題・田中、坂口杏里のネタでバイきんぐ小峠が未だにオチに使われていて呆れる「もう忘れてるくらいだから」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : バイきんぐ,小峠英二,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  土田晃之 日曜のへそ
次の記事:バイきんぐ小峠、一番キツかったロケは「超能力が開花するのか検証する合宿ロケ」だったと告白「丸3日間何も食べれず」

前の記事:バイきんぐ小峠、最もスベっていた時期は「空調の音どころか、観客の関節が鳴る音が鳴り響いた」と明かす

本日の注目記事