TOPヤングタウン土曜日 ≫ 明石家さんま、漫画版『夫のちんぽが入らない』を新幹線で読んでいて車内販売の女性に見せつける形になってしまったと明かす

明石家さんま、漫画版『夫のちんぽが入らない』を新幹線で読んでいて車内販売の女性に見せつける形になってしまったと明かす

2019.02.10 (Sun)
2019年2月9日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが、漫画版『夫のちんぽが入らない』を新幹線で読んでいて車内販売の女性に見せつける形になってしまったと明かしていた。

さんまのまんま 永遠のスター編 BOX1
さんまのまんま ~永遠のスター編~ BOX1[DVD]

明石家さんま:俺、新幹線で読んでてんけど。

飯窪春菜:うん。

明石家さんま:車内販売の人、「すみません、アイスコーヒーお願いします」って言うて。

飯窪春菜:はい。

明石家さんま:ずーっと、とんでもないページ、開いたまま(笑)

飯窪春菜:はっはっはっ(笑)

明石家さんま:アイスコーヒーを(笑)「シロップ、ミルクもお願いします」って。

飯窪春菜:ふふ(笑)

明石家さんま:ずっと、その女の子、俺のことを見ないで「はい、はい」って言うとんねんけど(笑)

飯窪春菜:ふふ(笑)

明石家さんま:変態野郎に見えて。車内販売の人に見せつけてたのかって。



飯窪春菜:ああ。

明石家さんま:そういう感じに思ってたと思うわ。車内販売の人からすると。

飯窪春菜:そうですね。

明石家さんま:多分、みんなと「さんま、スケベやわ。私にこんな絵を見せつけてきて」って言うてると思うわ。

飯窪春菜:ふふ(笑)

明石家さんま:まぁ、ファンが買ってきてくれて、アレやねんけど。

飯窪春菜:うん。

関連記事


明石家さんま、元モー娘。飯窪春菜が『夫のちんぽが入らない』のタイトルを口にしたことに衝撃「俺の芸能生活で歴史的なこと」

明石家さんま、新大阪駅で待ち伏せして大声でフルネームを呼ぶファンに困惑「明石家さんまさん、お疲れ様です!」

明石家さんま、中川家・礼二だけでなく梅沢富美男にまでイジられだしたと明かす「新幹線で弁当を蓋開けちゃ閉め、開けちゃ閉め」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 明石家さんま,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ヤングタウン土曜日
次の記事:明石家さんま、実母が幼い頃に亡くなって継母であったことを思い悩んでいた過去を告白「人には言えない…」

前の記事:明石家さんま、元モー娘。飯窪春菜が『夫のちんぽが入らない』のタイトルを口にしたことに衝撃「俺の芸能生活で歴史的なこと」