TOP爆笑問題の日曜サンデー ≫ 安住紳一郎、爆笑問題・太田に貸しを作っておくことで「自分にとって得か損か」悩んだと告白「絆を太くしておくことが…」

安住紳一郎、爆笑問題・太田に貸しを作っておくことで「自分にとって得か損か」悩んだと告白「絆を太くしておくことが…」

2019.02.04 (Mon)
2019年2月3日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題の日曜サンデー』(毎週日 13:00-17:00)にて、TBSアナウンサーの安住紳一郎が、爆笑問題・太田光に貸しを作っておくことで「自分にとって得か損か」悩んだと告白していた。

局アナ 安住紳一郎


田中裕二:だから今日は、(インフルエンザで欠席の太田光の代わりに出演した)安住さんすみませんね。お帰りいただけるところを、ちょっとだけ。

安住紳一郎:いえいえ。

安住紳一郎:いつもはね、隣のスタジオでやって、たまに…1時間、間隔あるんで、太田さんが暇つぶしに、スタジオに来て。好きなだけ喋って。

田中裕二:うん。

安住紳一郎:で、帰ってくっていう。

田中裕二:そう。で、冒頭でね、巨峰を食べただの、食べないだの。それで、たまにね、ちょっと乱入してもらったりとか。

安住紳一郎:ええ。

田中裕二:そういうのもありましたけれども(笑)

江藤愛:今日は、1時間お付き合いいただきたい。

安住紳一郎:いや、もうね。隣人のね、一大事だということで。

田中裕二:いや、もう本当ありがたい。

安住紳一郎:大至急、駆けつけました。

田中裕二:これほど心強い方はいないですから。

安住紳一郎:いやいや、お恥ずかしい。よろしくお願いします。

江藤愛:あれですか?ここで太田さんに貸しを作るみたいな?

安住紳一郎:やっぱり、ここで太田光さんに貸しを作っておくっていうのは、一つの生き方として…

田中裕二:あるんじゃないですか、それは。何か安住さんがピンチの時は…

江藤愛:なんかあった時は、太田さんが間違いなく助けたり。

安住紳一郎:でも、ちょっと逡巡したのは、太田光さんとここで貸し借りを作って、絆を太くしておくことが、自分にとって得か損かって考えて。

田中裕二:それは分かんないです(笑)

安住紳一郎:これでまた、RCCの横山さんなんかと一緒に福袋に入れられちゃって、色んな感じで使われるのも、それはそれで癪だなみたいな。

田中裕二:それはまた話かわってきますから。

安住紳一郎:話、変わりますよね。

田中裕二:ただまぁ、レコ大の司会とかだったら、もういつでも代わりに。

安住紳一郎:いやいや(笑)

田中裕二:あの時期、年末立て込んでて。インフルエンザとかになっちゃったら(笑)

江藤愛:この表情を見せたい(笑)

田中裕二:それはもう、太田が代わりにレコ大の司会をやりますから。

安住紳一郎:いえいえ(笑)

田中裕二:ただ、『7days』で、生放送でたけしさんと太田を考えてください。地獄ですからね。

安住紳一郎:地獄ですよね(笑)

関連記事


安住紳一郎、『レコ大』の通し稽古に司会者ながら出演できず「私、ラジオの放送があるんで…」

安住紳一郎、TBSへのクレームの中で「20年間ずっと、殺害予告を頂いてます」と告白「結構、イヤな思いもしてます」

安住紳一郎、「彼女のために料理を行った」というリスナーからのメールを噛み締めるように読む「人間にはこういう時期が必要」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 安住紳一郎,爆笑問題,太田光,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題の日曜サンデー
次の記事:安住紳一郎、爆笑問題・田中はアナウンサーの仕事ぶりに厳しい目を向けていると指摘「元々アナウンサー志望で」

前の記事:爆笑問題・田中、橋下徹の『サンジャポ』降板は「ちょっとどころではない」揉め方だったと暴露「色々振り回された」

本日の注目記事