TOPバナナマンのバナナムーン ≫ バナナマン日村、お笑い芸人を「辞めたいと思ったことは一度もない」と語る「思ったことが、まずない」

バナナマン日村、お笑い芸人を「辞めたいと思ったことは一度もない」と語る「思ったことが、まずない」

2019.02.02 (Sat)
2019年1月29日放送のニッポン放送系のラジオ番組『星野源のオールナイトニッポン』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・バナナマンの日村勇紀が、お笑い芸人を「辞めたいと思ったことは一度もない」と語っていた。



リスナーメール:日村さんは、この仕事を辞めようと思ったことはありますか?

日村勇紀:ないです。

星野源:一回もない?

日村勇紀:ないです。

星野源:ああ、凄い。

日村勇紀:ないでしょ?源くんも。申し訳ないけど。

星野源:いや、「辛い」って思ったことはあります。

日村勇紀:ああ。

星野源:辞めたいとまでは行かなかったですけど。

日村勇紀:ああ。

星野源:「これが全部なくなったらどうなるんだろうか?」っていうか。

日村勇紀:そうだね。

星野源:「何も今、なくなったら、ちょっと楽なんだろうな」とか、そういうのはありますけど。

日村勇紀:ああ。

星野源:辞めるまではないですね。

日村勇紀:うん。そうなんだよね。辞めたいって思ったことが、まずないよね。

星野源:素晴らしいですね。天職ですよね、やっぱり。

日村勇紀:うん。

星野源:だってあんなに、ガムテパンツで…まず、オークラさんがブワッてやったのが、勢いが凄すぎて、肉を指でね。

日村勇紀:ふふ(笑)

星野源:「とんでもなく痛いんだけど」って、見せてくれたんですけど、内出血してて(笑)

日村勇紀:内出血してんだよね。

星野源:でも、その「内出血してんだよ」って言うのも、楽しそうに言ってて(笑)

日村勇紀:ふふ(笑)

星野源:すげぇなって思ったんですよ。

日村勇紀:「辞めたい」っていうのもさ…我々、年に一回、単独ライブやるんですよ。

星野源:はい、そうですね。

日村勇紀:そうすると初日のね、このギリギリ、本番もう「今から出なきゃいけない」って時、本当に緊張で。俺、凄い緊張しぃで、「オエッ、オエッ」って言ってんだけど。

星野源:うん。

日村勇紀:あの時は、「これ、なんかのアレで中止になんねぇかな」って。「これやめれないかな」とは思うよね。

星野源:へぇ、緊張が凄すぎて?

日村勇紀:緊張は凄いから。初日の緊張ね。

星野源:やっぱりなかなかね、稽古時間もお忙しいでしょうからとれないだろうし、その中ですべて新ネタなわけじゃないですか。

日村勇紀:ああ、単独ライブはね。

星野源:そうか、緊張されるんですね。

日村勇紀:初日ね。

関連記事


バナナマン設楽、芸人の養成所に通うことの意味を疑問視「『養成所に行ったら面白くなる』っていうのは100%ない」

バナナマン設楽、若手芸人が売れるためにすべきたった1つのこと「面白いネタを作る」

バナナマン設楽、人前での緊張・あがり症の解決方法はないと語る「お笑い芸人で緊張しない人なんて、ほぼいない」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : バナナマン,日村勇紀,星野源,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  バナナマンのバナナムーン
次の記事:ナイツ塙、元KAT-TUN赤西仁が「パーカーのフードをかぶって漫才を聞かなかった」と暴露するも記憶違いだったと謝罪「本番前で…」

前の記事:放送作家オークラ、「バナナマンはコンビ結成当初から完成形」であったと証言「バナナマンショックと呼んでる」