TOPバナナマンのバナナムーン ≫ 放送作家オークラ、「バナナマンはコンビ結成当初から完成形」であったと証言「バナナマンショックと呼んでる」

放送作家オークラ、「バナナマンはコンビ結成当初から完成形」であったと証言「バナナマンショックと呼んでる」

2019.02.02 (Sat)
2019年1月29日放送のニッポン放送系のラジオ番組『星野源のオールナイトニッポン』(毎週火 25:00-27:00)にて、放送作家のオークラが、「バナナマンはコンビ結成当初から完成形」であったと証言していた。



星野源:さっきね、「お笑いとはなんですか?」とかですね。

日村勇紀:ふふ(笑)

星野源:「設楽さんとは、どんな存在ですか?」っていう話を、真面目に。今回はね、「日村さんに真面目な質問をしてくれ」とリスナーのみんなに言ったら、本当に素敵な質問がたくさん来て。

日村勇紀:素敵じゃないんだって(笑)

星野源:で、さっきの設楽さんの話で。さっき、CM中にオークラさんが話してくれていたことが、あまりにも素敵で。

日村勇紀:そう、そう。オークラさんに聞いてよ、源くん。

星野源:いつも、バナナマンさんの作家をやられてる、オークラさんです。

放送作家・オークラ:オークラです。

日村勇紀:オークラさんは、凄い意見あるから。

放送作家・オークラ:先ほど日村さんが、「設楽さんが変わってない、昔から」って言ってたんですけど。

日村勇紀:うん。

オークラ:「なぜ変わらないのか」っていうのが、多分、バナナマンってのは、設楽さんが最初に、「こうしたら面白いんじゃないか」ってものを、日村勇紀がそれをまんま面白くしてしまったっていう奇跡があって。

星野源:一発で?

オークラ:一発で。で、バナナマンってさっきも言いましたけど、三本目のネタで、もう爆笑をとっているんですよ。

星野源:三つ目のネタで。

日村勇紀:毎月、一本作ってたの。で、最初の一月目はね、ネタ見せでたしか落ちたの。で、ニ個目は出たんだけど、5人手を挙げたら強制終了みたいなコーナーで、ダメだったの。

星野源:ああ。

日村勇紀:で、三回目はそこでクリアしたの。

オークラ:だから、音楽でもお笑いでも同じだと思うんですけど、自分が若い頃、「こういうのやりたいな」って思って、いざ作って客前に出ると、全然思った通りにならない。

星野源:そうですね。

オークラ:でも、バナナマンは一発目からそれをやれちゃったっていう。それを当時、「バナナマンショック」と、僕は勝手に名付けているんですけど。

日村勇紀:ふふ(笑)

星野源:なかなか、やっぱ他のコンビの方とか、グループの方は、一発目で書かれた台本で、いきなりもう面白いっていうのは、本当になかなかないっていうことですよね。

オークラ:はい。面白くするために、色々と試行錯誤をしてっていうのなのに、バナナマンは一発目からそれができたから。もう、若手がみんな騒然としたっていう。

星野源:だから、設楽さんがブレる必要がなかったっていうことですよね、日村さんがいるおかげで。

オークラ:そうです。

星野源:日村さんが、設楽さんのものを完璧に面白くしちゃうから。

オークラ:そうです。

日村勇紀:やめてもらっていいかな、源くん(笑)その顔でずっと言うの(笑)

星野源:俺、今、結構真面目に喋ってますよ(笑)

日村勇紀:いや、急激にスイッチ入れるから、源くん(笑)本番入った瞬間に、真面目な顔でイジリだしてくるけど(笑)

星野源:イジってないの、これは(笑)

日村勇紀:もういいから、源くん(笑)

星野源:オークラさんも僕も、イジってないの(笑)

関連記事


バナナマン・設楽「バナナマン結成当日にした日村の宣言」

設楽統、バナナマン結成後の最初のネタ見せで落とされてしまったことを告白「俺、ずっと下向いてたし」

バナナマン設楽、コンビ結成時に相方・日村に宣言したこと「俺は5億貯めたら辞める」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : バナナマン,設楽統,日村勇紀,オークラ,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  バナナマンのバナナムーン
次の記事:バナナマン日村、お笑い芸人を「辞めたいと思ったことは一度もない」と語る「思ったことが、まずない」

前の記事:バナナマン日村、人は「子供」から「大人」になるのではなく「オジさん・オバさん」になるものだと語る「中身はあまり変らない」