TOPたまむすび ≫ 赤江珠緒、山里亮太が会うなりゴシップ情報を喋っていて体調不良からの完全復活を実感「帰ってきた、山ちゃん」

赤江珠緒、山里亮太が会うなりゴシップ情報を喋っていて体調不良からの完全復活を実感「帰ってきた、山ちゃん」

2019.01.29 (Tue)
2019年1月29日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、フリーキャスターの赤江珠緒が、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が会うなりゴシップ情報を喋っていて、体調不良からの完全復活を実感したと語っていた。



赤江珠緒:おかえりなさい。

山里亮太:すみません、先週は。ご迷惑をおかけしました。

赤江珠緒:いえいえ、おかえりなさい。

山里亮太:ご迷惑をおかけしました。

赤江珠緒:見事に手術を終えられて。

山里亮太:はい、終えまして。

赤江珠緒:すっかりと、元の山里さんとして戻ってきてくれましたね。

山里亮太:ふふ(笑)いや、その…

赤江珠緒:ビックリしました。

山里亮太:僕の存在理由っていうか、僕って、ゴシップ言ってこそなの?(笑)

赤江珠緒:そうなのよ。もう来た途端、「ちょっと赤江さん、あのゴシップ知ってる?」って言い出した時の、あのキラーンとした山里さんの表情、「久しぶり」って思いましたもんね。

山里亮太:たしかに、一時期、こちらでもお話していただきましたけど、仙人のように?(笑)

赤江珠緒:そう。ちょっと、食欲も落ちて、全体的に弱ってる時ありましたから(笑)

山里亮太:はい、ありましたね。人への興味とかも全てがなく、すんとしてた時ね?(笑)

赤江珠緒:はい。そんな山里さんを数週間見てたもんですから、「うわ、帰ってきた、山ちゃん」って思いました。

山里亮太:ただいまです(笑)

赤江珠緒:よかったですよ(笑)

関連記事


山里亮太、虫垂切除の手術明けとなる『たまむすび』を「まだ痛みが」ということで欠席「赤江さんの前で2時間半は地獄」

赤江珠緒、南キャン・山里亮太の深いパーソナルな部分についてのトークまとめ

山里亮太、「当日だけ入院」で虫垂切除の手術を受けることに麻酔科医から苦言を呈されたと告白「手術に対してどういう認識ですか?」

山里亮太、虫垂炎の手術を仕事よりも優先してくれない状況を語るも吉本興業をフォロー「頑張ってくれてるマネージャーさんだから」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 山里亮太,赤江珠緒,たまむすび,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:赤江珠緒、山里亮太に「真にモテる人とはどういう人か?」について説く「自分がいいと思ってる人に好かれないと結局ダメ」

前の記事:ココリコ遠藤、『VS嵐』初回に出演した際にもらった「シリアルナンバー入りカード」は「宝物」で大事にしていると明かす

本日の注目記事