TOP安住紳一郎の日曜天国 ≫ 安住紳一郎、「彼女のために料理を行った」というリスナーからのメールを噛み締めるように読む「人間にはこういう時期が必要」

安住紳一郎、「彼女のために料理を行った」というリスナーからのメールを噛み締めるように読む「人間にはこういう時期が必要」

2019.01.29 (Tue)
2019年1月27日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『安住紳一郎 日曜天国』(毎週日 10:00-11:55)にて、TBSアナウンサー・安住紳一郎が、「彼女のために料理を行った」というリスナーからのメールを噛み締めるように読んでいた。



リスナーメール:昔、付き合っていた彼女のためにミートソーススパゲティを作っていた時の話です。

中澤有美子:へぇ。

安住紳一郎:ああ、いいですね、こういうの。

中澤有美子:いいですね。

安住紳一郎:人生には、こういうみずみずしい時期あるよねぇ。

中澤有美子:ふふ(笑)

安住紳一郎:付き合っている恋人と、スパゲティを作るってのは、もう本当に人生において、最もいい時期だよねぇ。

中澤有美子:はっはっはっ(笑)

安住紳一郎:って、俺は思ってるけど、違うかな?(笑)

中澤有美子:はっはっはっ(笑)

安住紳一郎:そうだよねぇ。

中澤有美子:ふふ(笑)

安住紳一郎:そう。人間には、こういう時期が必要だね(笑)

中澤有美子:ふふ(笑)

安住紳一郎:「昔付き合っていた彼女のために、ミートソーススパゲッティを作っていた時の話です」…いいねぇ、うん。

中澤有美子:ふふ(笑)進めない(笑)

安住紳一郎:進めない(笑)いやいや、いいよ、こういうの(笑)

中澤有美子:はっはっはっ(笑)

安住紳一郎:こういうの大事だよ(笑)

中澤有美子:ふふ(笑)

関連記事


安住紳一郎、ラジフェスの大混雑で放送センターまでなかなか進めずに愚痴「これからラジオの放送を担当する、私を通さないじゃない」

安住紳一郎、夜の赤坂でマッサージ嬢に「あなた、私の先生」と声をかけられて感動した過去を告白「あなたの番組で日本語を覚えた」

安住紳一郎、「生きてるだけで旬ってわけじゃない」と発言「清潔感をもってエイジングがテーマ」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 安住紳一郎,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  安住紳一郎の日曜天国
次の記事:伊集院光、「変なホテル」でロボットを減らしている理由に驚く「いびきなどを音声認識で拾って、聞き返してしまう」

前の記事:安住紳一郎、大坂なおみ選手の優勝した全豪オープン決勝を急遽放送するためNHKが行った「マルチチャンネル」の原理を解説