TOPたまむすび ≫ カンニング竹山、嵐が約2年の猶予を経て活動休止することで「仕事の整理や、ファンの気持ちの整理もつく」と指摘

カンニング竹山、嵐が約2年の猶予を経て活動休止することで「仕事の整理や、ファンの気持ちの整理もつく」と指摘

2019.01.28 (Mon)
2019年1月28日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑い芸人・カンニング竹山が、約2年の猶予を経て嵐が活動休止することに、「仕事の整理や、ファンの気持ちの整理もつく」と指摘していた。



赤江珠緒:(大坂なおみの全豪オープン優勝に続いて)もう一つ驚きが。嵐さん。

カンニング竹山:ああ、ね。昨日ね、嵐ね。

赤江珠緒:うん。まさかの会見でね。

カンニング竹山:そうですね。いい会見でしたよ、でも。

赤江珠緒:いや、そうですね。本当に仲良い5人なんだなぁって感じでしたね。

カンニング竹山:そうですね。何の問題もないよね。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:なんか、俺、内情はよく知らないけどさ、あの会見を見てると、みんなでちゃんと話し合って決めたこと、みたいな話をしてて。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:だって、2年間猶予あるって、誰にも迷惑かからないのよ。

赤江珠緒:ああ。

カンニング竹山:ファンの人は悲しむけど、ファンの人の心の整理もつくじゃん。

赤江珠緒:ああ。

カンニング竹山:安室ちゃんと一緒よ。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:ファンに対して、心の整理がつくじゃん。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:あれ、1年か2年でしょ?

赤江珠緒:はい、そうでした。

カンニング竹山:徐々にファンもクールダウン…クールダウンはしないけど、心の整理がつく、と。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:嵐もそうじゃん。

赤江珠緒:そりゃそうですよね、人生、色んなことをしてみたいとかね。

カンニング竹山:そうなんですよ。

赤江珠緒:それは思いますよね。

カンニング竹山:あと、CM関係ね。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:これ、1年だと急がないといけないけど。

赤江珠緒:あ、契約とかもあるから。

カンニング竹山:2年は大丈夫でしょ。

赤江珠緒:なるほど。

カンニング竹山:テレビ番組、ラジオ番組、これも2年あると。

赤江珠緒:そうですね。

カンニング竹山:整理つくでしょ、色々と。

赤江珠緒:うん、次の番組を作らなきゃいけない、とかって時でも。

カンニング竹山:そう。

赤江珠緒:それぐらいの猶予が要るのか。

カンニング竹山:そう。後付けだと思うけど、偶然オリンピックがあるわけよ。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:オリンピックなくても、2年はとったと思うけど。

赤江珠緒:そうですね。で、オリンピックのことで、色々決まってらっしゃることも実はあるかもしれないしね。

カンニング竹山:そういうこともあるだろうしね。

赤江珠緒:うん。

関連記事


嵐の活動休止会見に対する、伊集院光・有吉弘行・カンニング竹山がラジオ番組で語ったトークまとめ

伊集院光、嵐の活動休止会見で辛辣な質問や繰り返しの質問にも真摯に対応していたことに感心「自分だったら、ああは出来ない」

伊集院光、嵐の活動休止について理解「30代中盤ぐらいで、ちょっと立ち止まって考えるみたいなことはあると思う」

有吉弘行、嵐の活動休止はファンにとってデリケートな問題としてコメントを避ける「これはまだね、様子を見たいと思います」

有吉弘行、嵐・櫻井翔に『夜会』収録終わりにコンサートへ直接招待されて思わず約束してしまったと告白「アワアワしちゃって」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : カンニング竹山,,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:カンニング竹山、大野智が30代後半で嵐脱退を考えたことは「誰しも思うこと」と指摘「疲れたら、一回休むっていう美しさもある」

前の記事:伊集院光、嵐の活動休止会見で辛辣な質問や繰り返しの質問にも真摯に対応していたことに感心「自分だったら、ああは出来ない」