TOP伊集院光とらじおと ≫ 伊集院光、嵐の活動休止会見でメンバーの行った受け答えの「レベルの高さ」に驚く「あんなにちゃんと喋れるもんかね」

伊集院光、嵐の活動休止会見でメンバーの行った受け答えの「レベルの高さ」に驚く「あんなにちゃんと喋れるもんかね」

2019.01.28 (Mon)
2019年1月28日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、嵐の活動休止会見でメンバーの行った受け答えの「レベルの高さ」に驚いたと語っていた。



伊集院光:昨夜、突然降って湧いたような、アイドルグループ嵐、活動休止。

新井麻希:はい。

伊集院光:なんかまぁ、ビックリもしたのね。

新井麻希:ええ。

伊集院光:ビックリもしたんだけど、彼らの会見のレベルの高さっていうのかな。

新井麻希:はい、はい。

伊集院光:大人な。あんなふうに…年、そんなに変らないか?

新井麻希:相葉さんが同い年かな。

伊集院光:30代中盤ぐらいで、あんだけの大勢に囲まれて、結構大事なことを、あんなにちゃんと喋れるもんかね?

新井麻希:しかも朗らかっていうか、自然体っていうか。

伊集院光:かなり言い方悪いけど、意地悪な質問っていうか。記者の人はそれが仕事だからさ、多少、人として「それはどうだ?」って思う、ファンの人なんか「そんなこと聞かないでよ」って思うようなことも、入ってくじゃない。

新井麻希:はい。

伊集院光:入ってくけど、それに対して、その人も、見てる人も、ファンの人も傷つけないような対応をするじゃない。

新井麻希:そう。かわすとかじゃなくて。

伊集院光:それがなんだろうね。嵐が休止しますってこと以上に、それはファンの人はね、大ファンな人は、休止自体が大問題だと思うけど、休止します以上に、自分の思う旧・男性アイドル像みたいなものと全然違う。

新井麻希:はい。

伊集院光:これぐらいきちんとした、一人一人の大人だったら、それなりに新しいやりたいことがあったりするんだろうなぁって。

新井麻希:うん。

伊集院光:むしろ、あれだけの受け答えができるっていうのを見て、休止って選択肢とか、自由なことをやりたいってことに、ちょっと説得力があるみたいな。

新井麻希:ああ。

伊集院光:そんな感じしたな。

関連記事


嵐の活動休止会見に対する、伊集院光・有吉弘行・カンニング竹山がラジオ番組で語ったトークまとめ

有吉弘行、嵐の活動休止はファンにとってデリケートな問題としてコメントを避ける「これはまだね、様子を見たいと思います」

有吉弘行、櫻井翔に招待されても嵐のコンサートに行くのを頑なに拒んでいた理由を告白「スターなのを見ちゃうと、軽口叩けなくなる」

有吉弘行、嵐・櫻井翔に『夜会』収録終わりにコンサートへ直接招待されて思わず約束してしまったと告白「アワアワしちゃって」

有吉弘行、嵐のコンサート後の挨拶で5人と会って恐縮してしまったと告白「申し訳ないじゃん、もう疲れてるし」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと
次の記事:伊集院光、嵐の活動休止について理解「30代中盤ぐらいで、ちょっと立ち止まって考えるみたいなことはあると思う」

前の記事:爆笑問題・太田、勤労統計の杜撰な不正調査問題に言及「税務署なんか絶対に漏らさない。できるはずなんだよ」