TOPバナナマンのバナナムーン ≫ バナナマン日村、設楽の近所に住む寺門ジモンが設楽の家を「大豪邸だった」と言っていたと明かす

バナナマン日村、設楽の近所に住む寺門ジモンが設楽の家を「大豪邸だった」と言っていたと明かす

2019.01.26 (Sat)
2019年1月25日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『バナナマンのバナナムーンGOLD』(毎週金 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・バナナマンの日村勇紀が、設楽の近所に住む寺門ジモンが設楽の家を「大豪邸だった」と言っていたと明かしていた。



日村勇紀:俺だからね、かなり前の駅で、ジモンさんと駅で会ったことがあるの。

設楽統:うん。

日村勇紀:それも『せっかくグルメ』のロケで、朝早くに東京駅かなんかに行ったら、ジモンさんとバッタリ会って。

設楽統:うん。

日村勇紀:「この前、設楽君に会ったよ」って言ってたのよ。

設楽統:ふふ(笑)会ったの(笑)

バナナマン設楽、自宅前に突然ダチョウ倶楽部・寺門ジモンが待っていて驚いたと明かす「今度、肉持ってくっから!」

日村勇紀:「会ったよ」って。

設楽統:うん。

日村勇紀:「大豪邸だった」みたいな(笑)

設楽統:はっはっはっ(笑)大豪邸じゃないよ(笑)

日村勇紀:「あ、本当ですか」って(笑)

設楽統:うん(笑)だから道がね、多分、俺の家の同じ道を経由すんのかな。

日村勇紀:うん。

設楽統:だから、あと何回か会ってるのは、俺が仕事終わって、タクシーで家に帰って家の近くで降りるじゃん。

日村勇紀:うん。

設楽統:だけど、小山とか堂上とかがそのまま乗って。俺はそこで降りて、(マネージャーは)乗ってく、みたいな。

日村勇紀:うん。

設楽統:その辺で、俺がいつも降りるあたりでタクシーつかまえてんのかな。

日村勇紀:ああ。

設楽統:俺が降りたやつに乗ろうとすんだけど、まだ終わりのタクシーじゃないっていうのが何回もあんの(笑)

日村勇紀:マネージャー乗ってるから(笑)

設楽統:タクシー拾う感じのところで。そういう出会い方もして(笑)

関連記事


笹川友里、寺門ジモンの焼き肉への情熱や焼き方のこだわりに驚く「情熱とか、本当凄いですよね」

ダチョウ肥後、寺門ジモンが肉・グルメなどに走り始めたきっかけは「水道橋博士のせい」

土田晃之、寺門ジモンが孤立したダチョウ倶楽部の「2対1の構図」になった理由を語る


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : バナナマン,設楽統,寺門ジモン,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  バナナマンのバナナムーン
次の記事:ヒロミ、『アオハルTV』でフジテレビ側から「『8時だJ』のポーズ」にNGが出たと明かす「それはやめてください」

前の記事:バナナマン設楽、自宅前に突然ダチョウ倶楽部・寺門ジモンが待っていて驚いたと明かす「今度、肉持ってくっから!」