TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、安住紳一郎が『日曜日の秘密基地』終了時に「僕がいつか偉くなって、伊集院さんの番組を絶対再開させます!」と宣言したと明かす

伊集院光、安住紳一郎が『日曜日の秘密基地』終了時に「僕がいつか偉くなって、伊集院さんの番組を絶対再開させます!」と宣言したと明かす

2019.01.22 (Tue)
2019年1月21日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、同局で放送されていた『伊集院光 日曜日の秘密基地』終了時、安住紳一郎アナウンサーに「僕がいつか偉くなって、伊集院さんの番組を絶対再開させます!」と熱く宣言されたと明かしていた。



伊集院光:本人を差し置いて、周りが熱くなるパターンで思い出したのが…(笑)昔ね、TBSの日曜日の昼間に、『伊集院光 日曜日の秘密基地』っていう番組やってて。

それが、わりと最初から「10年を目標にやろう」って言ってて、10年経って。で、やめることになって終わったのね。

で、終わったときに、まだ若かった…いくつぐらい?10何年前ぐらいか。11~2年前、その後、爆笑の番組になってから、11~2年前に、まだ今より若かった安住(紳一郎)アナウンサーが、多分それを聞いて。あの男も、熱い男…だと俺は思ってて。熱い男だから。

最終回、自分の番組のところに来て、最終回の終わった時に…始まる前かな。自分のところに来て、スタジオでもうすごい熱い感じで、「僕がいつか偉くなって、伊集院さんの番組を絶対再開させますから!」って言ってくれたの。

ただ俺、円満に終わってたから(笑)でも、安住君の中では、「あのトラブルメーカーが有楽町でトラブル起こしてここに来て、ここでもトラブルを起こしたって思っちゃったんだと思うんだよ(笑)

でも、その時珍しく円満に終わってんだよ、俺。その時、期日もちゃんと決めて、円満に終わってんだけど、凄い憤りを多分感じてて。何も言わないでそうなっちゃったから。

それで凄く、一生懸命そう言ってくれて。全員、ポカーンとしながら、「うん…うん…」ってなったの(笑)

関連記事


安住紳一郎、飄々としながら実は「熱い男」であることを裏付けるエピソードまとめ

安住紳一郎、10年経ってもなお後悔し続ける川田亜子アナの自殺直前にかけた言葉「突き放してしまった…」

安住紳一郎、同業者である地方ラジオ局のアナウンサーも研究していると告白「爆笑の太田さんに負けないくらいの情報」

安住紳一郎、夜の赤坂でマッサージ嬢に「あなた、私の先生」と声をかけられて感動した過去を告白「あなたの番組で日本語を覚えた」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,安住紳一郎,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力
次の記事:伊集院光、大沢悠里が番組終了を発表する時に勝手に「後任は伊集院光」と明かされてしまった「大沢悠里のフライング事件」

前の記事:伊集院光、『荒川強啓デイ・キャッチ』の終了する理由が「番組の使命は終わった」と報じられたことに疑問「なんじゃそりゃ」

本日の注目記事