TOP中田敦彦のオールナイトニッポン ≫ オリラジ中田敦彦、週刊少年ジャンプ編集部に貼られたグラビア写真を見て「男だらけの部室」感を感じたと告白「女子がいたら貼れない」

オリラジ中田敦彦、週刊少年ジャンプ編集部に貼られたグラビア写真を見て「男だらけの部室」感を感じたと告白「女子がいたら貼れない」

2019.01.19 (Sat)
2019年1月16日放送のニッポン放送系のラジオ番組『中田敦彦のオールナイトニッポンPremium』にて、お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦が、週刊少年ジャンプ編集部に貼られたグラビア写真を見て「男だらけの部室」感を感じたと語っていた。

僕たちはどう伝えるか


中田敦彦:少年ジャンプの編集部、よく通ってたんですよ。ジャンプ系の番組やってるんで。

で、少年ジャンプの編集部で、俺、感動したのが、オフィスなんですよ。編集部の…ほぼ男。まず、男が少年誌を一生懸命作ってて。まず、机の上、ガッチャガチャ、汚い。で、壁にベッタベタグラビア貼ってるんですよ。

なんか、「これ、男しかいねぇだろ、この部屋」って思ったのが、グラビアを貼ってるってことだったんです。なんか分かんないけど、「男って、部屋にグラビア貼るよね」っていうことを思い出したんですよ。

男ってね、男しかいない空間にしかグラビア貼れない。なぜって、だって女性も、男性いるところに、グラビア貼らないでしょ?教室にないでしょ。部室なんですよ。どんだけ男が元気な教室でも、女子の前でグラビア一生懸命貼る男いない。

でも、いざ男だけになった時に、「ここ、男だけしかいない部屋だよね」ってなった瞬間に、エロいグラビア貼るから。そういう生命体(笑)

これがね、なんだろうな。ここで奥ゆかしいのが、そこで貼るのもフルヌードじゃなくて、ちょっと水着のを貼るのが、男子なんですよ。

関連記事


少年ジャンプ編集長・中野博之、漫画家にとって初代担当者は「どんな大ヒット作家になっても頭の上がらない存在」と語る

サンドウィッチマン伊達、週刊少年ジャンプ内での編集者同士・漫画家同士の熾烈な争いに驚く「吉本興業みたい」

うすた京介、「人と関わりたくないから」漫画家を目指したのに現実は違っていたと語る「まぁ人と関わるんですよ」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 中田敦彦,オリエンタルラジオ,週刊少年ジャンプ,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  中田敦彦のオールナイトニッポン
次の記事:よゐこ有野、手相芸人・島田秀平を信用しなくなった理由を明かす「切符をなくして、探し続けていた」

前の記事:オリラジ中田敦彦、吉本興業で疎外感を感じてしまう「東京吉本」の孤独について語る「今の経営陣、全員大阪人」

本日の注目記事