TOP中田敦彦のオールナイトニッポン ≫ オリラジ中田敦彦、キングコング梶原とのYouTube対談で感じた『めちゃイケ』イズムに感動「物凄い『めちゃイケ』っぽい」

オリラジ中田敦彦、キングコング梶原とのYouTube対談で感じた『めちゃイケ』イズムに感動「物凄い『めちゃイケ』っぽい」

2019.01.19 (Sat)
2019年1月16日放送のニッポン放送系のラジオ番組『中田敦彦のオールナイトニッポンPremium』にて、お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦が、キングコング・梶原雄太とのYouTube対談で感じた、『めちゃイケ』イズムに感動したと語っていた。

僕たちはどう伝えるか


中田敦彦:言ったら、もう終わってしまった『めちゃイケ』。僕ね、「うわ、なにこの感じ?物凄い『めちゃイケ』っぽい」っていう。

いや、出てて嬉しかったし、無理やりコントに持ってって、最後ちょっと感動も交えて終わるみたいな。「うわ、俺見てたテレビみたい」って。

とはいえ、じゃあ今、ゴールデンタイムでそういう芸人同士が、なんかちょっと茶番みたいななのか…茶番なのか、ドキュメンタリーなのかっていうのを交えながら、ドキドキハラハラさせながら、結果ちょっと感動させずつ笑いもあるみたいな番組って、なかなかやれないわけじゃないですか、時代的にも。

いや、これ凄いなって。カジサックさんってどういう人かと言うと、『はねるのトびら』な人なわけですよね。

で、『はねるのトびら』ってどういう番組だったかっていうと、あの『めちゃイケ』イズムを継いでる、フジテレビのスタッフで作っていた番組。それを10年やってきた人なんだっていう。そういう人の全力っていうのが、あそこに表れていた。

僕は、あそこまで、ロケドキュメンタリーみたいなものを、お膳立てしたり作り込んだりってやったことないから、素直にそれ感動しましたね。

関連記事


オリラジ中田敦彦、キンコン梶原(カジサック)とのYouTube上の謝罪対談で「お膳立て」をしてくれたことに感謝「かなり準備して…」

『めちゃイケ』のドッキリが莫大な予算と綿密な計画の下に実行されていたことが分かるエピソードまとめ

岡村隆史、『めちゃイケ』最終回の最後の1カットを撮影するも「どしゃ降りの雨」で5時間待機したと明かす

加藤浩次、『めちゃイケ』で番組の面白さと視聴率が乖離していたことに違和感を感じたと語る「ウソだろ?こんな面白ぇの」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : オリラジ,中田敦彦,キングコング,梶原雄太,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  中田敦彦のオールナイトニッポン
次の記事:オリラジ中田敦彦、『めちゃイケ』のドッキリが巧妙で「違和感」を感じさせなかった理由を語る「イレギュラーな環境をガッツリ作る」

前の記事:オリラジ中田敦彦、キンコン梶原(カジサック)とのYouTube上の謝罪対談で「お膳立て」をしてくれたことに感謝「かなり準備して…」

本日の注目記事