TOPアッパレやってまーす! ≫ スピードワゴン小沢、劇団ひとりやバカリズムを本名で呼んでしまいスタッフから「使いづらい」と注意されていると告白

スピードワゴン小沢、劇団ひとりやバカリズムを本名で呼んでしまいスタッフから「使いづらい」と注意されていると告白

2019.01.09 (Wed)
2019年1月8日放送のMBSラジオのラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週月-木 22:00-23:30)にて、お笑いコンビ・スピードワゴンの小沢一敬が、劇団ひとりやバカリズムを本名で呼んでしまいスタッフから「使いづらい」と注意されていると告白していた。



小沢一敬:劇団ひとりさんいるじゃん。出会った頃は、まだ劇団ひとりじゃなかったの。スープレックスっていうコンビだったの。

宮迫博之:ああ。

小沢一敬:その頃からお世話になってて、川島省吾って名前なんだけど。

宮迫博之:うん。

小沢一敬:「川島さん、川島さん」って呼んでるの。

宮迫博之:うん。

小沢一敬:で、もう今、劇団ひとりさんじゃん。「劇団」とか「ひとりさん」って呼ぶじゃん。俺、未だに「川島さん」って呼んじゃうのよ。

松田大輔:ああ。

小沢一敬:そうすると、スタッフさんから「ちょっと、使いづらいな」って、すげぇ怒られるのよ。

松田大輔:あ、へぇ。

小沢一敬:「川島さん」って番組の中で呼んでも。これ、バカリズムも「升野さん」って呼んじゃうのよ。バカリズムって元々コンビで、升野さんと松下さんだったのよ。

宮迫博之:ああ、そうか。升野はまだ、本書くときにそっちの名前でやってたりするけども。

小沢一敬:でも、(劇団ひとり)は川島って名字ってことは知ってるでしょ?

宮迫博之:知ってるよ。

小沢一敬:だから、どうしても「川島さん」って呼んじゃうんだけど。

関連記事


加藤浩次、本名の「浩ニ」から芸名「浩次」への変更は占い師のアドバイスだったと明かす「変えたら、仕事入り出した」

カンニング竹山、芸人が芸名を変える大変さを語る「本名を言われても気づかなかった」

マツコ・デラックス、好奇の目に晒される免許証更新の憂鬱を語る「もうね、針のむしろよ」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : スピードワゴン,小沢一敬,バカリズム,劇団ひとり,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アッパレやってまーす!
次の記事:スピードワゴン小沢、チュートリアル徳井とは「オザキス」「ヨキュム」と呼び合っていると明かす

前の記事:スピードワゴン小沢、雑誌の取材でブルーハーツ真島昌利を「マーシー」と呼んで話していたことを「田代まさし」と書かれてしまった過去