TOP中田敦彦のオールナイトニッポン ≫ オリラジ中田、自ら「中田を嫌いなライター」に扮してネットニュース風ブログ記事を書いたところ「アクセスが20倍に」なったと告白

オリラジ中田、自ら「中田を嫌いなライター」に扮してネットニュース風ブログ記事を書いたところ「アクセスが20倍に」なったと告白

2018.12.22 (Sat)
2018年12月19日放送のニッポン放送系のラジオ番組『中田敦彦のオールナイトニッポンPremium』にて、お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦が、自ら「中田を嫌いなライター」に扮してネットニュース風ブログ記事を書いたところ「アクセスが20倍に」なったと告白していた。

僕たちはどう伝えるか


中田敦彦:最近の僕のブログを読んでくれた人は、「明らかになんか変えたなぁ」って思ってくれてるかもしれないですけど。

僕ね、最近アップした記事が、「ド素人がアパレルブランドを立ち上げて、2ヶ月後どうなったか」っていう記事。そこに、「オリラジ中田」って書いて、自分が書いてるんじゃないって雰囲気出したんですよ。

ネットニュースっておもろいなぁって思って。ネットニュースって、絶対にネガティブなニュースの方が拡散されるんですよ。なんか、「誰々が調子こいた結果、大御所にブチギレられそうな件」みたいな方が、絶対読むんであって。

やっぱり、「アイツ良い奴」っていうニュースってそんなに広がらないんだと思うんですよ。「カズレーザー良い奴」っていうニュースより、「中田の店、ヤバイ」の方が、絶対みんな見るんですよ。

それ、なんでかっていうのは、分からない。人間だからなんだと思うんですよ。なんか、過激に感じるんでしょうね。やっぱり、ワイドショーで放送すんの、事件じゃないですか。事故、事件、スキャンダル、殺人、犯罪、暴行、不祥事…じゃないですか。

あれが、「ここの会社の社長さん、超優しい」っていうニュース、ワイドショーにあんまないんですよ(笑)

やっぱ、パワハラがあったとか、どこどこ協会で暴行があったとかいう方が、やっぱりニュースなんですよね。ネガティブなものこそ、ニュース。それを暴くものこそが、何かこう見たくなるものだ、ということで、僕は今、自分のこと大嫌いなネットライターが、俺について一番詳しくリサーチした結果、書きましたっていう体(てい)のブログ書いてるんですよ。

3日連続で書いたのね。その「アパレルやったけど、大ピンチ」っていうのも記事にした。それを後追いする記事が2個出て。そのブログ読んだライターの。その次の日にアップしたのが、「俺がやってる試み、大体キンコン西野さんのパクリ」っていうのを書いたんです。

その次に、SKE48のプロデュースをコネで勝ち取り、その後、音楽プロデューサー気取りをしてるが、『PERFECT HUMAN』すらアイツが作ってるわけじゃないっていう記事。これをブログに書いてどうなったかっていうと、ブログの読者がマジでアクセス数が20倍ぐらいになってます(笑)

これ、凄いんですよ。「僕のプロデュースしてるFIRST、カッコイイから見てください」みたいな記事、全然読まれてない、それまでのグラフで言うと。それが、「キンコン西野丸パクリ」ってなったら、信じられないぐらい一気にボーンってアクセスが。

で、俺が言ったのがオンラインサロン。ファンクラブじゃなくて、月額で会員登録して、一緒にビジネスやる、みたいな。堀江さんと西野さん、落合陽一さんとか、今、トレンドなんですよ。

で、みんなでオフ会やったり、ミーティング、勉強会したり、フェイスブック上で議論したりとか。意識高い系ファンクラブみたいなんですけど。今、西野さん日本最大で1万7千人いる、本当にヤバイ数です。それに対して、僕のオンラインサロンが、ファンクラブと別で切り離して、「ビジネスサロン立ち上げた」って、30人しかいない(笑)

1万7千 対 30って、どんだけ違うんだよって。方や三重県熊野市と同じ人口。方や30人って、一クラス分だよ。3年B組が一個の市に勝てるかって。そしたら、オンラインサロンに加入した人、増えたんですよ。

この記事を、この界隈の人たちが褒めてくれて。コルクの佐渡島さんとか、はあちゅうさんとか、凄いシェアしてくれたの。キンコン西野さんはもちろんだけど。「あ、これなんだ」って。

関連記事


中田敦彦、自らプロデュースするブランド商品が「売れない」とネットニュースになった後に売れ行き好調となったと明かす

オリラジ中田敦彦、キンコン西野やマンボウやしろとはリスナーからの悩み相談への回答は異なると明かす

オリラジ中田敦彦、岡村隆史に『オールナイトニッポン』を降板して欲しいと発言「岡村さん、そろそろどいてくんないですか?」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 中田敦彦,オリラジ,西野亮廣,キンコン,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  中田敦彦のオールナイトニッポン
次の記事:明石家さんま、ウーマン村本がアメリカ留学で「英語なんか、2~3ヶ月じゃ到底ムリ」と語ったことに「当たり前や(笑)」

前の記事:中田敦彦、自らプロデュースするブランド商品が「売れない」とネットニュースになった後に売れ行き好調となったと明かす