TOPアッパレやってまーす! ≫ 柏木由紀、AKB48卒業に関して峯岸みなみと「勝手に辞めるのなしね」と協定を結んでいると告白「一回、お互いに呼んで相談」

柏木由紀、AKB48卒業に関して峯岸みなみと「勝手に辞めるのなしね」と協定を結んでいると告白「一回、お互いに呼んで相談」

2018.12.20 (Thu)
2018年12月19日放送のMBSラジオのラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週月-木 22:00-23:30)にて、AKB48柏木由紀は、卒業に関して峯岸みなみと「勝手に辞めるのなしね」と協定を結んでいると告白していた。



山根良顕:峯岸さんと柏木さんの、どっちが先に辞めるかっていうのさ、一人残されるってちょっとヤダよね。

柏木由紀:そうなんですよ。だから、お互いに協定は組んでるんですよ。「勝手に辞めるのなしね」って。

山根良顕:ああ。

柏木由紀:「絶対、一回お互いに呼んで相談しよう」って。

ケンドーコバヤシ:それ、もうたけしさんとタモリさんの話やんか、それ(笑)

柏木由紀:そうなんですか?(笑)そんなレベルの話じゃない(笑)

田中卓志:めっちゃビッグな話になってる(笑)

柏木由紀:「抜け駆けは絶対になしね」って。

山根良顕:じゃあ、「同時に」みたいなこともあるの?

柏木由紀:ああ…

ケンドーコバヤシ:それは分からへんよ。AKBの運営会社が「どう考えても、同時はビジネス的に…」って。運営会社はビジネスやねんから。

柏木由紀:まぁ、たしかに。

田中卓志:売り上げ下がっちゃいますね。

ケンドーコバヤシ:売り上げ下がるのもあるし、卒業ビジネスっていうのも実際、あるわけやん、コンサート。

田中卓志:まぁまぁ、ある意味ね。

ケンドーコバヤシ:ちょっとツアー組んで。最後の勇姿。

柏木由紀:ああ。

ケンドーコバヤシ:「全国の皆さん、お届けします」って。

柏木由紀:ありがたいですけどね。

ケンドーコバヤシ:それは、運営会社はビジネスやから。やりたいっていう。「2人だと、収益半分になります」みたいな。

柏木由紀:「残る方が辛いんで、一緒に辞めたいです」って。

ケンドーコバヤシ:「契約書、ちょっと出しますね」って。

柏木由紀:急に、怖い(笑)

ケンドーコバヤシ:「辞める場合は、あらかじめ話し合い」とか。「読んでないですよね?ここ」って。

柏木由紀:怖い(笑)

関連記事


AKB48柏木由紀、指原莉乃の卒業発表で自身の卒業に対する思いを語ったトークまとめ

ケンドーコバヤシ、AKB48柏木由紀は女優などへのステップではなく「アイドルになることを目指してアイドルになった」と指摘

AKB48柏木由紀、指原莉乃のHKT48卒業について「1ヶ月前にスキャンダル3(指原・柏木・峯岸みなみ)で話していた」と告白

AKB48柏木由紀、「そろそろ卒業した方がいい」と勧めてくる中年男性ファンに怒り「オジさんが言ってくるから」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : AKB48,柏木由紀,峯岸みなみ,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アッパレやってまーす!
次の記事:博多大吉、岡村隆史と飲むとよく吐いてしまう意外な理由を告白「凄い静かなんですよ、岡村君」

前の記事:ケンドーコバヤシ、AKB48柏木由紀は女優などへのステップではなく「アイドルになることを目指してアイドルになった」と指摘

本日の注目記事