TOPたまむすび ≫ 博多大吉、ENGEIグランドスラムとTHE MANZAIは安心して新ネタをかけられる理由を語る「まぁスベらんのですよ」

博多大吉、ENGEIグランドスラムとTHE MANZAIは安心して新ネタをかけられる理由を語る「まぁスベらんのですよ」

2018.12.12 (Wed)
2018年12月12日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ 博多華丸・大吉の博多大吉が、ENGEIグランドスラムとTHE MANZAIは、安心して新ネタをかけられる理由を語っていた。



博多大吉:本来なら、劇場とかで何回か試して、やるべきなんでしょうけど。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:僕らはもう、生放送一発目でやるんですよ。

赤江珠緒:ええ?!

博多大吉:ENGEIグランドスラムとか、THE MANZAIとか。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:ここ何年かは、僕ら新ネタって、単独ライブをやらない芸人なんで、そういうネタ番組、フジテレビのネタ番組で毎回、新ネタをかけてたんですね。

赤江珠緒:ほう。

博多大吉:なんでこんなことをするかっていうと、まぁ「凄いね」って言ってくれる後輩もたくさんいるんですけど、本当のこと言うと、ENGEIグランドスラムとか、THE MANZAIのスタジオでやるときって、まぁスベらんのですよ。

赤江珠緒:そうなんだ。

博多大吉:お客さんがね、まずね、多分お金もらってるでしょ、あれは。

赤江珠緒:いや、違うでしょ(笑)

博多大吉:お客さんも、多分仕込みのお客さんだから。

赤江珠緒:本当に漫才好きな方、たくさんの中から選ばれてるから。本当に前のめりできてくださってるんでしょうね。

博多大吉:そう、凄い前のめりっていうか、もう立ち上がってんじゃないかなってぐらいの勢いで見てくださるんですね。

赤江珠緒:ふふ(笑)

博多大吉:正直言って、他の局のネタ番組では新ネタなんか絶対におろさないんですよ、怖いから。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:なんでかって言うと、まずお客さんが、どの局も笑ってはくれるんですけど、一番の違いは、フジテレビさんのネタ番組って、セットが違うんですよ。

赤江珠緒:ん?

博多大吉:普通のネタ番組って、ステージ立てて、客席に椅子並べてそこで漫才をやるんですけど。

赤江珠緒:うん、うん。

博多大吉:フジテレビのネタ番組は、セットを作ってるんですね。

赤江珠緒:はい。

博多大吉:で、ステージがあって、客席があって。それを屋根で囲んでるんですよ。

赤江珠緒:へぇ。

博多大吉:だから、小型の劇場みたいにしてるんですよ。

赤江珠緒:小屋みたいになってるんですか。

博多大吉:これは、ENGEIグランドスラムを立ち上げた藪木さんって方が、色んな劇場を見て回って、なんばグランド花月っていう大阪にある吉本の劇場を研究して、結局、「天井が必要だ」と。

赤江珠緒:へぇ。

博多大吉:天井からお客さんの笑い声が跳ね返ってステージに来るから、どんどん、どんどん盛り上がるんだってことを発見して、凄いお金をかけてセットを作ってるんです。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:そのセットでやるから、ただでさえ半分立ってるお客さんで、そんだけの反響がくるから、まぁウケるんですよ。

赤江珠緒:ああ、凄い相乗効果ですね。

博多大吉:だから、芸人さん、我々も凄いやりやすいし、だから新ネタも思い切ってかけられるっていうか。

赤江珠緒:へぇ。

博多大吉:そういう仕組みなんですけどね。

関連記事


サンドウィッチマン伊達、ナイツの『ENGEIグランドスラム』生放送での漫才に「下ネタだらけ」と発言

神田松之丞、『ENGEIグランドスラム』の藪木健太郎CPと『チコちゃんに叱られる!』で再びタッグを組む「俺、唯一好きな金髪」

神田松之丞、ナイツ塙が『ENGEIグランドスラム』で「立川志らく師匠みたくつまんない枕を入れるな」と言っていたと暴露


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 博多大吉,赤江珠緒,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:博多大吉、最新設備の舞台での漫才が意外にも「やりにくい」理由を語る「観客の音を全部吸っちゃう」

前の記事:博多大吉、THE MANZAIでの「イカ」漫才は『たまむすび』での特集があったから作ったと明かす「ラジオと絡めた方が面白いかな」