TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、タレントや有名YouTuberがYouTuberとして活動し続けていくのが困難な理由を語る

伊集院光、タレントや有名YouTuberがYouTuberとして活動し続けていくのが困難な理由を語る

2018.12.11 (Tue)
2018年12月10日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、タレントや有名YouTuberがYouTuberとして活動し続けていくのが困難な理由を語っていた。



伊集院光:結局のところ、ユーチューバーになるんだ、芸能界とかじゃないんだ、と。テレビとYouTubeを両立するなんてことは、究極のところ難しいねって、僕は思いましたね。ユーチューバーになるなら、「ユーチューバーになる」じゃないと。

あと、もっと言うと、ユーチューバーも凄い有名になっちゃうと、もはやユーチューバーとして生きていくのは難しいなって思うのは、自分も色んなの撮ったけど、「一時停止してるのに、見ようによって一時停止してないように見えるぜ」っていう動画とか。

公開して、プラスが何もないってなるから、かなりウチにお蔵入りYouTube動画あるね。

関連記事


伊集院光、知名度のあるタレントがYouTubeを行う利点はあまりないと指摘「クレームを入れられるんじゃ…」

有吉弘行、YouTube世代の若い人々にテレビ出演者が無理に合わせる必要はないと指摘「しょうがないよ」

バナナマン設楽、YouTube上に「バナナマン公式チャンネル」がないことに対して疑問「なんでやんないの?」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,YouTube,ユーチューバー,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力
次の記事:伊集院光、徳光和夫の『路線バスで寄り道の旅』は「徳さん、どうかしてるぞ」と思う回があると指摘「徳さんが凄い黒い回」

前の記事:伊集院光、YouTubeに動画「血だらけプラレール」をアップしようと思うも「不謹慎だ」と批判されることを恐れてやめたと告白