TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、YouTubeに動画「血だらけプラレール」をアップしようと思うも「不謹慎だ」と批判されることを恐れてやめたと告白

伊集院光、YouTubeに動画「血だらけプラレール」をアップしようと思うも「不謹慎だ」と批判されることを恐れてやめたと告白

2018.12.11 (Tue)
2018年12月10日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、YouTubeに動画「血だらけプラレール」をアップしようと思うも「不謹慎だ」と批判されることを恐れてやめたと告白していた。



伊集院光:伊集院光さん、急に「ユーチューバーになる」って言い出して。で、YouTubeの作品をいくつか作ったんですけども、「血だらけプラレール」っていう作品。

プラレール買って、会話をアフレコしてるんですけど。通勤時間に、「アイツ、遅ぇなぁ」って。「もう来る時間なのに、遅れてるぜ」って言ってると、血だらけのプラレールが来るっていうやつを撮ったんですけど、恐らく何もいいことねぇだろうなって。

実際に、大丈夫な瞬間を見計らって上げたところで、それが拡散した後で、日々そういうことは起こるじゃないですか。そうすると、「不謹慎です」って怒られんだろうなって思って。

今日も正直、番組が始まる前までに(ミニドラマで銃撃シーンがあるため)、日本ではなくても、海外とかで銃撃事件とか起きたら嫌だなって言いながら、全部お蔵入りになっちゃうなって思いながら、ビクビクしてましたけど(笑)

結構、未公開YouTube作品は、出す寸前のところで「これ、怒られんじゃねぇかな」っていう。

関連記事


伊集院光、知名度のあるタレントがYouTubeを行う利点はあまりないと指摘「クレームを入れられるんじゃ…」

明石家さんま、YouTubeに芸人のネタは掲載すべきでないと提言「自由に観れるから。飽きるのが早い」

カンニング竹山、YouTube上にチャンネルを開設してYouTuberデビュー「3人で自腹でロケ行って」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,YouTube,ユーチューバー,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力
次の記事:伊集院光、タレントや有名YouTuberがYouTuberとして活動し続けていくのが困難な理由を語る

前の記事:伊集院光、映画『来る』は子役がグズってしまってスーパーでのシーンが「わりとコンパクト」になっていたと明かす