TOPたまむすび ≫ カンニング竹山、霜降り明星がM-1史上最年少で優勝したことを祝福「時代はこうやって若者に変わらなきゃいけない」

カンニング竹山、霜降り明星がM-1史上最年少で優勝したことを祝福「時代はこうやって若者に変わらなきゃいけない」

2018.12.03 (Mon)
2018年12月3日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑い芸人・カンニング竹山が、霜降り明星がM-1グランプリ史上最年少で優勝したことを祝福していた。



カンニング竹山:俺は申し訳ないけど、興味がないから、(M-1グランプリ)見てないんだよ(笑)

赤江珠緒:ああ、そうですか(笑)

カンニング竹山:M-1も、僕が語るのはアレですけど。夜中仕事が終わって、ザーッとしか見てないですけど。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:時代とともに変わるっていうかさ。

赤江珠緒:はい。

カンニング竹山:良かったね、この子たちが優勝して。俺も何回か会ったことあるけどさ。

赤江珠緒:今回はだって、平成生まれの方でね。

カンニング竹山:そう、そう。時代はこうやって若者に変わらなきゃいけないと思うんですよ。

赤江珠緒:史上最年少。ああ、そうですか。

カンニング竹山:今までオジさんがやってた漫才でもないしさ。いっぱい、動きもさ、上下に動きながらさ。

赤江珠緒:面白かった。

カンニング竹山:そう。だからああいう子たちが、今からね、番組でMCしたりさ。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:20代の子がMCしたりする番組ができると、どんどん、どんどん変わってくよっていう。

赤江珠緒:たしかに。日付変更線を行ったり来たりされたりしてましたよ(笑)

カンニング竹山:そうですね(笑)あと詳しい話は、水曜日に大吉さんに聞いてください(笑)

赤江珠緒:どうですしょうね。今回はね、審査員ではなかったんで。オフィシャルでは語りたくないかもしれませんけど。ご覧にはなってるかもしれませんね。

関連記事


有吉弘行、M-1審査員の上沼恵美子の眼光は「全決勝進出者の誰よりもギラついている」と指摘「闘争心がやっぱり(笑)」

ナイツ塙、M-1グランプリが吉本興業びいきになっていることに疑問「吉本が9、他が1っていうのは?」

ナイツ塙、M-1審査員になるとプロデューサーから「このコンビ優勝させて」と頼まれると思ったと告白「何もなかったね(笑)」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : カンニング竹山,M-1グランプリ,霜降り明星,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:カンニング竹山、M-1で面白い漫才を見ても悔しくなくなった理由を告白「俺はもう漫才師ではないんだな」

前の記事:神田松之丞、AERAの表紙写真を蜷川実花に撮影してもらってる最中に「60ぐらいの小汚ぇオッサンがずっと横にいた」と明かす