TOPオードリーのANN ≫ オードリー若林、内藤哲也のヒールレスラー転向による急激なキャラ変えが春日の過去と重なると語る「感情移入してたの(笑)」

オードリー若林、内藤哲也のヒールレスラー転向による急激なキャラ変えが春日の過去と重なると語る「感情移入してたの(笑)」

2018.12.02 (Sun)
2018年12月1日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、プロレスラー内藤哲也のヒールレスラー転向による急激なキャラ変えが、相方・春日俊彰の過去と重なると語っていた。

オードリーとオールナイトニッポン 自分磨き編


若林正恭:『プロフェッショナル』って、ドキュメンタリーなのよ。

春日俊彰:うん。

若林正恭:俺、プロレス見るようになって4年ぐらいだけど。内藤哲也って、いわばヒールなのよ。悪役だよね、今は。

春日俊彰:うん。

若林正恭:ドキュメンタリーじゃない、『プロフェッショナル』って。悪役、ヒールなのに、見せるのかな、裏側を。

春日俊彰:ああ、なるへそ。

若林正恭:普段、一生懸命やってることととか。

春日俊彰:ああ、なるほどね。ヒールだったら見せない方がっていう人もいるかもね。努力してるみたいなことを。

若林正恭:これ、言っていいんだろうな、時代的に。内藤が真面目なことは知ってるのよ。これ難しいよね、、喋り方。

春日俊彰:まぁ…

若林正恭:内藤って、正統派のレスリングの才能ある選手だったから。ベビーフェイスだったから。

春日俊彰:転向したわけね。

若林正恭:凄い真面目で、めっちゃプロレス愛してるの知ってるんだけど、ある日を境にヒールになったんですよね。

春日俊彰:なるほどね。

若林正恭:俺、4年前に好きになった時は、内藤がまだベビーフェイス、正統派だったのよ。

春日俊彰:うん。

若林正恭:で、見に行ってて、まだ全然知らないから、凄い動きするプロレスラーだなって思ったけど、なんかね、人気がないっていうかね。他の選手より、なんかもう盛り上がってる感じじゃなくて、ブーイングすらされているときあって。

春日俊彰:へぇ。

若林正恭:凄いプロレス詳しい人に、「なんでなんですか?」みたいに聞いてたの。

春日俊彰:うん。

若林正恭:で、なんか気になってたんだろうね。

春日俊彰:うん。

若林正恭:優勝にも絡んでくるし。

春日俊彰:うん。もう強いのは、強かったんだね。

若林正恭:でも、人気を感じなかったのね。

春日俊彰:強さのわりにね。

若林正恭:そう、そう。で、2015年だったと思うんだけど、メキシコ行ったりするじゃない、修行っていうか。

春日俊彰:はい、はい。

若林正恭:で、メキシコ行って、帰ってきたのよ。そしたら、西さんが…小説家の西加奈子さんと話してて。プロレス大好きだから。そしたら、「若林君、内藤凄いね」って。「どう凄いんですか?」って言ったら、「行って、見たらエエわ」って。

春日俊彰:うん。

若林正恭:「童貞やんな、若林君」みたいな感じで(笑)

春日俊彰:うん。

若林正恭:で、俺、一人で後楽園ホール見に行ったの。そしたら、ベビーフェイスのはずだった内藤が、3対3の試合だったんだと思うけど、入場でちゃんと歩いてこないの。めちゃくちゃ遅いの。Tシャツ着たまま帽子かぶって。

春日俊彰:うん。

若林正恭:自分の入場曲終わってんのに、通路の半分くらいまでしか歩いてないの(笑)

春日俊彰:遅いなぁ。

若林正恭:お前が言うな(笑)

春日俊彰:何やってんだよ(笑)

若林正恭:でも、そういった意味でも、感情移入してたの(笑)

春日俊彰:はっはっはっ(笑)

若林正恭:もう曲終わって、試合始まってんだけど、まだ真ん中歩いてるの(笑)

春日俊彰:いいじゃない(笑)

若林正恭:で、試合始まってんだけど、一人、リングのエプロンのところで座って、帽子かぶったままで試合しないのよ。

春日俊彰:おお。あれ?どうしちゃったのよ(笑)

若林正恭:ね。で、パイプ椅子を出して、場外に置いて座って腕組みして見てて(笑)

春日俊彰:怒られるよ、それ(笑)

若林正恭:で、その後、背中とかボコボコにされて。そのまま試合、終わったんです(笑)

春日俊彰:え?

若林正恭:Tシャツ脱がないまま。帽子も(笑)

春日俊彰:それで、抵抗はしないわけ?

若林正恭:なんかやられてた、とにかく(笑)

春日俊彰:終わっちゃったんだ?それで。

若林正恭:ブーイングでもない。「どうしたの?」みたいな。正義だった人が。

春日俊彰:戸惑うよね。

若林正恭:で、隣のサラリーマンがね。今でも覚えてるけどね。「内藤もな…」って言う人いるじゃん。どういう思いで、メキシコから帰ってきてゆっくり歩いてんのか。

春日俊彰:うん。

若林正恭:俺は、ゆっくり歩きだした奴のこと知ってるから(笑)

春日俊彰:はっはっはっ(笑)ある日、急にね(笑)

若林正恭:そう、そう(笑)それにどんな覚悟があるかって。で、また見に行った時も、また全然歩いてこない。Tシャツ着たまま、試合しなかったのよ、本当に。帰ってきたばっかの時。

春日俊彰:ほう、ほう、何なの?

若林正恭:で、心無いヤジよ。「内藤、キャラ変えんのか?」って。もう、本当によくないよね。俺も事務所のネタ見せで、急にピンクのベスト着た奴が、先輩に「あれは裏だな。迷走してんな、オードリーな」とかって言われてたのを知ってるわけよ。

春日俊彰:はい、はい。

若林正恭:でも、どんな覚悟があってね…(笑)

春日俊彰:もみあげを剃り落としてね(笑)

若林正恭:もみあげを剃り落として(笑)「ゆっくり歩け」って言われて(笑)「胸張って」って、わけのわからないまま(笑)

春日俊彰:でも、自分自身も「もういいや」って思ってる部分あるし(笑)

関連記事


オードリー若林、博多大吉から『IPPONグランプリ』収録の合間に内藤哲也を密着した『プロフェッショナル』を観るよう勧められる

オードリー若林、南沢奈央のスマホ待ち受け画面は「オカダカズチカ」だと明かす「あんなイケメンを待ち受けにして」

有吉弘行、プロレスラー天山広吉の意外な素顔に言及「めちゃめちゃ優しいし。腰低くて」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : オードリー,若林正恭,内藤哲也,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN
次の記事:オードリー若林、漫才の時に春日がゆっくり歩いてくるのは当初「2分ぐらい袖から出てこなかった」と明かす

前の記事:オードリー若林、博多大吉から『IPPONグランプリ』収録の合間に内藤哲也を密着した『プロフェッショナル』を観るよう勧められる