TOPオードリーのANN ≫ オードリー若林、M-1決勝の二本目のネタは「キングコングとネタがかぶるから」とズレ漫才以外になったことを明かす

オードリー若林、M-1決勝の二本目のネタは「キングコングとネタがかぶるから」とズレ漫才以外になったことを明かす

2018.11.18 (Sun)
2018年11月17日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、M-1グランプリ2008の決勝の二本目のネタは、「キングコングとネタがかぶるから」とズレ漫才以外になったことを明かしていた。

オードリーとオールナイトニッポン 自分磨き編


若林正恭:よく思い出したらさ、アレなんだよね。(M-1グランプリ決勝二本目で)ズレ漫才じゃなくて、選挙演説やったじゃない。

春日俊彰:はい、2008年の。

若林正恭:ノンスタがさ、肝試しっぽい、お化け屋敷みたいなネタなんじゃなかったっけ?

春日俊彰:いやいや、あのね、キングコングさんですよ。

若林正恭:うん。

春日俊彰:学校で肝試しみたいなネタだったんじゃないから。

若林正恭:そう、そう。だからかぶっちゃうから、選挙演説にしようって、ボソボソって喋ったもんね。トップ通過したあとな、俺たち。

春日俊彰:トップ通過してね、とんでもない。

若林正恭:ぶっちぎりのトップ通過ね。

春日俊彰:松本さんが、「番号すら面白い」ってね。

若林正恭:うん、持ってるもん、まだアレ。

春日俊彰:はっはっはっ(笑)

若林正恭:松本さんが「面白い」って言ってくれた。

春日俊彰:うん、「面白いなぁ」って言ってくれて。だから、二本目ですぐやれるネタが、肝試しぐらいしかなくて。

若林正恭:うん。

春日俊彰:でも、それがかぶってるからどうなんだろうって言って、選挙演説だったんですよ。

若林正恭:そう、そう。

関連記事


オードリー若林、くりぃむ上田晋也にM-1決勝戦2本目のネタの選択ミスを叱られたと明かす「おい、なんで2本目あれ変えた?」

オードリー若林、M-1決勝でのコメントが関西芸人の反感を買っていたと明かす「絶対にイヤなヤツだ」

オードリー若林、M-1で敗者復活したコンビを番組ディレクターから誤って伝えられたと明かす「どういう間違い?」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : オードリー,若林正恭,M-1グランプリ,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN
次の記事:オードリー若林、トム・ブラウンのオードリー以来となるケイダッシュステージでのM-1決勝進出という快挙に「嬉しいよね」

前の記事:オードリー若林、所属事務所のトム・ブラウンがM-1決勝で自分たち以上の成績を収めないで欲しいと発言「優勝はダメよ」

本日の注目記事