TOPアッパレやってまーす! ≫ 宮迫博之、明石家さんまの不格好な走り方に「もう見てられへんかった」と明かす「胸もアゴも上がって、腹突き出して…」

宮迫博之、明石家さんまの不格好な走り方に「もう見てられへんかった」と明かす「胸もアゴも上がって、腹突き出して…」

2018.11.07 (Wed)
2018年11月6日放送のMBSラジオのラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週月-木 22:00-23:30)にて、お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之が、明石家さんまの不格好な走り方に「もう見てられへんかった」と明かしていた。



宮迫博之:スポーツマンじゃないですか。サッカーもやってたし、野球もやってた。さんまさん、スポーツ万能やから。

小沢一敬:さんま師匠は、未だに腹筋されてますよ。

宮迫博之:でも、もう腹筋ごときでは追いつかないです。だって、寛平師匠、ショージさん、さんまさんと3人で、運動会やって。棒高跳び。

小沢一敬:うん。

宮迫博之:「まずは1 mから」って言うたら、3人とも「舐めんなよ。どんだけ運動してきたと思ってんねん」って、全員、1 mでアウトやったからね。誰も飛ばれへんかった。

小沢一敬:切ないね、本当に。

宮迫博之:で、最後なんか100m走かなんかやった時の、ショージさんとさんまさんの、アゴが上がりきったデッドヒート、もう見てられへんかったもん。

小沢一敬:走れなくなるのかな?やっぱり。

宮迫博之:なる、なる。

小沢一敬:肺?

宮迫博之:肺とかやない、もう無理やねん。昔のサッカーやってた時のさんまさんのカッコイイ走り方ではなくて、胸もアゴも上がって、腹突き出して2人で接戦してゴールしたときに…

小沢一敬:一つの時代が終わった(笑)

宮迫博之:スポーツとかいうことに関しては、もう終わられたんやなって思って。

小沢一敬:はっはっはっ(笑)

宮迫博之:無理やって。

関連記事


宮迫博之、明石家さんまに振り回されて『明石家電視台』新アシスタント辻沙穗里アナが「白目を剥いていた」と明かす

宮迫博之、明石家さんまが「1 mの走り幅跳び」に失敗していてショック「運動できる人やってイメージやったのが…」

明石家さんま、雨上がり・宮迫が「文春砲直撃の侍」に扮して『27時間テレビ』に出演していたと語る


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 明石家さんま,宮迫博之,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アッパレやってまーす!
次の記事:宮迫博之、加藤浩次がサッカーでセンターリングを上げただけで「足を骨折した」と明かす「普通にサッカーやってて…」

前の記事:宮迫博之、吉本印天然素材をやめようと決意した瞬間を告白「蛍原が夜中のホテルの中庭で一人、得体の知れないダンスを…」