TOPヤングタウン土曜日 ≫ 明石家さんま、『さんタク』でマツコ・デラックスが海に浮かぶ横を木村拓哉と船で通過する企画を提案「海の生き物にしようって」

明石家さんま、『さんタク』でマツコ・デラックスが海に浮かぶ横を木村拓哉と船で通過する企画を提案「海の生き物にしようって」

2018.11.04 (Sun)
2018年11月3日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが、フジテレビ系の番組『さんタク』でマツコ・デラックスが海に浮かぶ横を木村拓哉と船で通過する企画を提案したと明かしていた。



明石家さんま:このパイナップルの浮き輪、マツコ入るな。

飯窪春菜:どういうことですか?

明石家さんま:マツコを海に浮かべて、俺と木村で、船で横通過するいうのやろうかって。

飯窪春菜:はっはっはっ(笑)

明石家さんま:マツコと喋っててんけど。

飯窪春菜:ふふ(笑)

明石家さんま:「浮き輪、入らないでしょ」っていうので会議で心配になってんけど。

飯窪春菜:うん、うん。

明石家さんま:今見たら、この浮き輪、マツコ入るわ思って。太平洋に浮かべてこようって(笑)

村上ショージ:何のために?(笑)

明石家さんま:素通りすんねん(笑)何もリアクションせんと。「あっ…」っていうぐらいで。マツコが海に浮かんでる、海の生き物にしようって。

村上ショージ:はっはっはっ(笑)

明石家さんま:「そういうの私やりたい!いつですか?」って。「私は本当、そういう出番が大好きなの」って(笑)

飯窪春菜:へぇ。

明石家さんま:『さんタク』でね。

関連記事


明石家さんま、木村拓哉とマツコが高校の同級生だったことはタブーだと思っていたと明かす「なんか2人、あったんかな?」

マツコ・デラックスが語る、明石家さんまに言われて泣いて喜んだ一言

マツコ・デラックス、明石家さんまの誰にでも自分と同レベルを求める凄さを語る「ここに来い」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 明石家さんま,マツコ・デラックス,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ヤングタウン土曜日
次の記事:加藤浩次、最先端のゲームが発売される一方で「ミニファミコン」なども人気があると語る「やっぱ、両方出てくるんだよな」

前の記事:オードリー若林、南沢奈央との破局報道について山里亮太へ向けてANNで呼びかけ「おい、山里!満足か、テメェこの野郎」