TOPヤングタウン土曜日 ≫ 明石家さんま、元阪神・小林繁の形態模写でブレイクのきっかけとなりCDデビューするも「東京で誰も鼻にもかけてくれない」

明石家さんま、元阪神・小林繁の形態模写でブレイクのきっかけとなりCDデビューするも「東京で誰も鼻にもかけてくれない」

2018.10.28 (Sun)
2018年10月27日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが、元阪神・小林繁の形態模写でブレイクのきっかけとなりCDデビューするも、「東京で誰も鼻にもかけてくれない」状況であったと明かしていた。

さんまのまんま 永遠のスター編 BOX1
さんまのまんま ~永遠のスター編~ BOX1[DVD]

明石家さんま:小林繁投手っていう、僕と顔が似てて。俺が形態模写のデビューになるきっかけが、小林繁さんっていうピッチャーなんです。

飯窪春菜:へぇ。

明石家さんま:それで、『Mr.アンダースロー』って曲まであるぐらい。大阪ガスのCMもやってたんですね。



飯窪春菜:へぇ。

明石家さんま:『Mr.アンダースロー』っていう、西の大エースと言われて。「西からエースがやってくる」って、オリコンの表紙にもなった。小林さんのピッチングをマネしてる写真が、オリコンの表紙になった。

飯窪春菜:凄い。

明石家さんま:その時、21ぐらいの時ですから。「西からエースがやってくる」って、東京へ来て、滅多打ちにされるっていう。

飯窪春菜:え?

明石家さんま:誰も鼻にもかけてくれない状況で、とぼとぼと大阪に帰って行った日を覚えてる。

飯窪春菜:ふふ(笑)

明石家さんま:全部、挨拶しに行ってね。

飯窪春菜:はい。

明石家さんま:東京で、テレビ局だ、ラジオ曲だ。

飯窪春菜:うん。

明石家さんま:歌でね。歌の俺でね、「よろしくお願いします」って。有線回って。「西からエースが来ました」って感じで回って。キャンペーンしてんのよ、俺も(笑)

飯窪春菜:さんまさんがそんな(笑)

明石家さんま:小林繁さんが阪神行った時に話題になって、俺が形態模写やって、ワーワーになったんですよ。

飯窪春菜:へぇ。

明石家さんま:元々は、巨人の一番から九番の形態模写をやってたんですけど…小林繁さん、巨人やったから。で、巨人のモノマネをしてたら、阪神に行って。そういうドラマチックな入り方してるから。急に「阪神に行ってくれ、江川とトレードや」っていうので、江川さん巨人に来て。

飯窪春菜:へぇ。

明石家さんま:それでまた、小林繁さんがその年に凄い頑張って。それはそうやな、巨人の裏切りにあったわけやから。

関連記事


明石家さんま、若手時代に「チャッピー」とニックネームを付けられて苦痛だったと告白「なんやねん、チャッピーって」

明石家さんま、若手時代にマネージャーから「すぐ人気なくなる」と言われ奮起していた「褒められるより貶される方が力に」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 明石家さんま,小林繁,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ヤングタウン土曜日
次の記事:明石家さんま、『ヤングおー!おー!』に抜擢されたきっかけは小林繁と掛布雅之の形態模写だったと告白「テレビ出してもらうきっかけ」

前の記事:明石家さんま、江川卓は酔うと「僕、凄い球投げてたんですよ」と自慢話をしてくると明かす「凄いピッチャーだったんです」