TOPヤングタウン土曜日 ≫ 明石家さんま、江川卓は酔うと「僕、凄い球投げてたんですよ」と自慢話をしてくると明かす「凄いピッチャーだったんです」

明石家さんま、江川卓は酔うと「僕、凄い球投げてたんですよ」と自慢話をしてくると明かす「凄いピッチャーだったんです」

2018.10.28 (Sun)
2018年10月27日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが、江川卓は酔うと「僕、凄い球投げてたんですよ」と自慢話をしてくると明かしていた。

さんまのまんま 永遠のスター編 BOX1
さんまのまんま ~永遠のスター編~ BOX1[DVD]

明石家さんま:江川卓さんっていう、お前らは解説者の江川さんしか知らないやろうけども。

飯窪春菜:はい。

明石家さんま:酔ったら、「僕、凄い球投げてたんですよ」ってずっと言う(笑)

飯窪春菜:はっはっはっ(笑)

明石家さんま:ふふ(笑)「凄いピッチャーだって、いまるちゃんにそれ、伝えておいてくれますか?」って、酔ったら「凄いピッチャーだったって言っておいてください」って江川は言ってるけども。

飯窪春菜:はい。

明石家さんま:江川は、僕と同い年なんです。

飯窪春菜:うん。

明石家さんま:それが、高校の時に交渉権、巨人に入りたいから。やめて。

飯窪春菜:はい。

明石家さんま:違う球団が引いたから、プロになるのやめて、で、大学4年行って。で、巨人に行きたいから。でも違う…

村上ショージ:遠回りしてますよね。

明石家さんま:で、一年休んだのかな。それで阪神が指名して、で、阪神に入って。でも、巨人に行きたいからって、空白の一日って、物凄い話題になったんですけども。

飯窪春菜:はい。

明石家さんま:一日、空白の日を弁護士さんが見つけはって。「この日に契約を結べば、契約違反じゃない」って。で、法律サイドではそうなって、空白の一日で巨人奪おうとしたけども、それもえらいプレッシャーかけられてダメになって、一旦、阪神に行って。

飯窪春菜:うん。

関連記事


明石家さんま、自分たちの世代と比べ今のタレントがテレビへの思い入れが少ないと指摘「時代が違い過ぎる」

伊集院光、プロ野球ドラフト会議で選手本人がクジを引くことを提案「どうせ決まるなら、自分が引く方が良い」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 明石家さんま,江川卓,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ヤングタウン土曜日
次の記事:明石家さんま、元阪神・小林繁の形態模写でブレイクのきっかけとなりCDデビューするも「東京で誰も鼻にもかけてくれない」

前の記事:明石家さんま、清宮幸太郎を引き当てた日ハム・木田優夫GM補佐からドラフト前日に再び相談がありアドバイス「口で引け」