TOPオレたちゴチャ・まぜっ! ≫ 加藤浩次、「カンペ」を出す番組スタッフには「信用してくれよ」と思うと告白「俺がやらせてもらってる番組は、一切カンペない」

加藤浩次、「カンペ」を出す番組スタッフには「信用してくれよ」と思うと告白「俺がやらせてもらってる番組は、一切カンペない」

2018.10.22 (Mon)
2018年10月20日放送のMBSラジオのラジオ番組『オレたちゴチャ・まぜっ!~集まれヤンヤン~』(毎週土 26:00-28:45)にて、お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次が、「カンペ」を出す番組スタッフには「信用してくれよ」と思うと告白していた。



有野晋哉:アンケートが、そもそも昔はなかったじゃないですか。

加藤浩次:俺がやらせてもらってる番組は、一切、カンペない。

有野晋哉:ああ。

徳井健太:へぇ、凄い。

加藤浩次:俺に対してはね。アナウンサーの方とかにはあるけど。

有野晋哉:うん、ゲストとか。

加藤浩次:うん。それは、「信用してくれよ」って。

有野晋哉:はっはっはっ(笑)

加藤浩次:「失敗したら、謝ります」っていう(笑)

有野晋哉:はっはっはっ(笑)

徳井健太:本来、そうですよね。加藤さんにお願いしてるってことは、加藤さんの感覚で回して欲しいわけですもんね。

田村亮:乗っかってるわけやからね。

加藤浩次:それは本当にそうなの。

徳井健太:うん、そうですよね。

加藤浩次:うん。それ…なんでそうなっちゃったのかな。

有野晋哉:ねぇ。失敗したくないからじゃないですか?ディレクターとかが。その回を担当する人が。

加藤浩次:そもそも、その考えが成功なのかね?

有野晋哉:ふふ(笑)そうなんですよ(笑)だから、変なことになってきてるんですよね。

加藤浩次:うん。

有野晋哉:失敗したくないから、そんな感じになってて。でも、スタッフはどんどん増えてるじゃないですか、一個の番組で。コーナー担当の人がおって、最終的に総合演出が全部を見て、さらにプロデューサーがそれを見てチェックして。

加藤浩次:うん。

有野晋哉:スポンサーとの兼ね合いとか見出して、とか。総合演出が「ここのこのカットないの?」って言い出したら、それをとってなかったら、その人は怒られるから、たくさん欲しいわけじゃないですか、素材としては。

加藤浩次:うん。

有野晋哉:でも、演者からしたら「さっき撮ったから、いいんじゃないの?」「こっちからのカットも欲しいんです」って言われたら、それを飲み込んでやる人も出てくるってことでしょ、演者側は。

加藤浩次:うん。

有野晋哉:そうなってくると、どんどん、どんどん撮るものとか作業が増えてくるんですよね。その場のノリじゃなくなってくるわけですよね。

関連記事


山里亮太、『スッキリ』のチーフDがAD時代に「カンペを書くスケッチブックでボコボコに殴られていた」と明かす

加藤浩次、テレビ番組における「カンペ」の存在がリアリティを薄まらせてしまっていると指摘「『スッキリ』では出すなって言ってる」

カンニング竹山、生放送中にスタジオ裏の怒号飛び交う副調整室(サブ)に言及「戦場ですからね」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 加藤浩次,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オレたちゴチャ・まぜっ!
次の記事:加藤浩次、流れを無視して算段もなくゲストに話を振らせるスタッフに激怒「何も見えてないで、よくその指示出せるな」

前の記事:ノブコブ徳井、番組ディレクターに「その話、オチます?」と確認されて「舐められている」と思ったと告白