TOPアッパレやってまーす! ≫ 宮迫博之、タクシーで「大好きなアニソン」ばかりを流してくれた運転手に感謝「ちょっと落ち込んでたから、凄い救われたな」

宮迫博之、タクシーで「大好きなアニソン」ばかりを流してくれた運転手に感謝「ちょっと落ち込んでたから、凄い救われたな」

2018.10.17 (Wed)
2018年10月16日放送のMBSラジオのラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週月-木 22:00-23:30)にて、お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之が、タクシーで「大好きなアニソン」ばかりを流してくれた運転手に感謝したと語っていた。



宮迫博之:俺、この間ね、凄い嬉しいことっていうか。(松田)大輔とかと飲んでて。

小沢一敬:はい。

宮迫博之:で、「おつかれ」って、もう夜中、ほろ酔いでタクシーに乗ったんです。

小沢一敬:うん。

宮迫博之:で、有線的なものが流れてたのよね、タクシーの中で。

小沢一敬:有線の曲が。

宮迫博之:俺ね、アニメソングが子供の頃から大好きで。

小沢一敬:カラオケでもよく歌ってる。

宮迫博之:アニメソングの歌手になるっていうのが、最初の夢だったんですよ。

小沢一敬:へぇ。

宮迫博之:それぐらいアニメソングが好きやって。それで、流れてくるのがね、『機動戦士ガンダム』の曲が流れてきたんですけど。

小沢一敬:うん。

宮迫博之:テレビ版じゃなくて、映画版の。

小沢一敬:「燃え上がれ」じゃなくて。

宮迫博之:「人は悲しみ…」って。映画版の最後に流れるようなやつが、まず流れたんです。で、「たまたま有線で流れたんや」って思って、普通にパッと聴いてたんですよ。

小沢一敬:うん。

宮迫博之:「ラッキー、好きな歌、流れた」って思って。その次に、『装甲騎兵ボトムズ』っていう。ガンダムの後ぐらいにあった、僕の大好きなアニメの主題歌が流れ始めたんですよ。

小沢一敬:うん。

宮迫博之:「おお、すげぇたまたまやな」って。俺の大好物、連続で流れたわって思って。また、そのエンディングテーマが流れ始めて。

松田大輔:ボトムズのエンディングテーマですか?珍しいですね。

小沢一敬:よくわかったね、しかもボトムズの終わりの歌なんて。

宮迫博之:大好きやから。『炎のさだめ』ってやつ。「おっ?なんや」って思って。凄いなって思ってて。

小沢一敬:うん。

宮迫博之:その後に、なんやったかな。それぐらいになって、「ちょっと待って、有線ちゃうな」って思って。

小沢一敬:うん(笑)

宮迫博之:「この人のオリジナルセットリストで、自分で作ったオリジナルか?」と。そんなコアなアニメソング、しかも俺の大好きなやつばっかりで。「そんなことある?」って思いながら。

小沢一敬:うん。

宮迫博之:俺、人見知りやから。まぁ、タクシーの運転さんとおしゃべりすることはないんですけど、もう、初めてかもしらん。「運転手さん、これって有線ですか?」って。「違いますけど」って。それでも勇気振り絞って喋ったんやけど。

小沢一敬:うん。

宮迫博之:「おいくつですか?」って言ったら、ちょうど俺と同い年くらいやったから、「なるほど…すみません、これ運転手さんが自分で作ったやつなんですか?」「ああ、そうです」「音、上げてもらっていいですか?」って。

松田大輔:ふふ(笑)

宮迫博之:運転手さんもチラッと見ながら、「…いいですよ」って、上げてくれて。そこから、ずっと俺の好きなやつばっかりかかるんですよ。「すげぇ、すげぇ」って、少年に戻った気持ちで、めっちゃ気分よく家まで着いて。

小沢一敬:うん。

宮迫博之:で、Suicaで払おうと思ったんです。でも、2,000いくらやったんやけど、これは違うって。こんな素敵な気分にさせてくれたって思って、ちょうど5,000円札あったから、渡して「すみません、おつり結構です。信じられないくらい、僕の好きな曲ばっかり流してくれたんで。僕の曲コンサートのお礼で、おつり結構です」って。

小沢一敬:うん。

宮迫博之:「ちなみに、次の曲なんですか?」って言ったら、「エルガイムです」って。また僕の好きなやつ。「うわぁ、ホンマに聴いてきたかったですけど、帰ります」って。

小沢一敬:うん。

宮迫博之:俺のマンション、ちょっと階段あんねん。ほんなら、普通はすぐドア閉めて行きはるやんか。

松田大輔:はい。

宮迫博之:ドア、開けっ放しで、ちょっとボリューム上げてくれて、僕の背中に「誰か背中抱いててくれ~」って、エルガイムを聴きながら帰れたっていうね。

小沢一敬:その日のエンディング曲が(笑)

宮迫博之:そう、そう(笑)もう、グッと親指して、ナイス運転手さんって思って。

筧美和子:ドラマチック(笑)

宮迫博之:ちょっと気分落ちてたからね、凄いなんか救われたなって思って。

小沢一敬:ドラマチックだなぁ。

宮迫博之:ホンマ、もろに趣味が合ってた。

小沢一敬:マニアックな歌の(笑)ニュータイプの集まりでしたね(笑)

宮迫博之:ずっと「マジで?マジで?」が続いたの。こんなに俺の好きなんかかるかって。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アッパレやってまーす!
次の記事:スピードワゴン小沢、『アメトーーク』草野球芸人を見て不登校の小学生が自分たちの草野球に参加できた感動話を語る「お母さん泣いちゃって」

前の記事:爆笑問題・田中、『ウチのガヤがすみません』でチョコプラが「一言も喋ってなかった」と苦言「最後まで何もしないから」