TOP伊集院光とらじおと ≫ 三遊亭円楽、先代の五代目円楽から教えられた「落語はなくていい商売」という言葉の意味を語る「それを悟られるんじゃねぇぞ」

三遊亭円楽、先代の五代目円楽から教えられた「落語はなくていい商売」という言葉の意味を語る「それを悟られるんじゃねぇぞ」

2018.10.16 (Tue)
2018年10月16日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、落語家・三遊亭円楽が、先代の五代目円楽から教えられた「落語はなくていい商売」という言葉の意味を語っていた。



伊集院光:僕が、師匠のところで育ってよかったなって思うのは、落語家の師匠達って、基本的には「盗め」って世界じゃないですか。きちんと教えるってよりも、理論的なことよりも、それこそ先代の円楽師匠は、「ここでお客さんをボーンッとつかんだら、グググッときて、ドカーンッ!」って人じゃないですか。

三遊亭円楽:擬音でおどかす人ね。

伊集院光:擬音で教える人だけど、ウチの師匠は「ここ3分間、ギャグが入ってないところに、若手はつい自分のギャグを足したがるけど、ここは理由なく入ってないんじゃない。3分10秒後のこのギャグまで、笑いに飢えさせて、飢えさせてだから、ここに何か入れちゃいけない」みたいな。授業みたいな人なの。

中村仁美:わかりやすいですね、しかも。

三遊亭円楽:教えるとね、つい授業になっちゃうんですよ。普通の稽古って、自分がやってみせて、「覚えた?あ、そう」って聞いて、「これでいいよ」って、ある程度のレベルに達してたら、やっていいなんだけど。

伊集院光:うん。

三遊亭円楽:気づきがないんですよ、落語に対する。「なんでここに、このセリフがあるか」ってことを教えてあげないと、ただ黙ってやってるから。

伊集院光:うん。

三遊亭円楽:そしてね、一番の教えはね、晩年のウチの師匠の教えだね。

伊集院光:はい。

三遊亭円楽:「いいか、お前。今は映画もあるしね、娯楽といったらね、何をしようと思ってもね、いくらでもあるんだよ。だからな、落語なんてのは、なくてもいい商売なんだ。なくてもいい商売なんだから、悟られるんじゃねぇぞ」って言ったのよ。

伊集院光:ああ。

三遊亭円楽: これは名言だね。世の中、なくたっていいものって、いっぱいあるわけですよ、考えたら。

伊集院光:はい、はい。

三遊亭円楽:ですけど、それを悟られないで、「やっぱり聴きたい、面白い」って部分をちゃんと前へ出してって、お客さん引っ張ってくりゃいいんだよ、と。だから、それだけ詐術を含めて、騙せるだけの技術をつけなさい、そしてバリューを持ちなさい
、と。

伊集院光:うん。

三遊亭円楽:だから俺は、正月言ったように、うーん、もっと上手くなりたい。

関連記事


三遊亭円楽、弟子・伊集院光との対談で語った数々の金言まとめ

伊集院光、師匠・三遊亭円楽(楽太郎)との入門からタレント転身した現在に至るまでのエピソードトークまとめ

伊集院光、三遊亭円楽が肺癌の手術を受けた5日後には独演会で落語を披露する予定を立てていて驚く「なに、そのスケジュール」

伊集院光、落語は観客の前ではなく師匠・三遊亭円楽の前だけで披露したいと思う理由「評価してもらいたい人が、師匠しかいない」

伊集院光、師匠・三遊亭円楽が67歳にして「落語が上手くなりたい」と言い出して驚く「三遊亭円楽にそれ言われちゃったら…」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,三遊亭円楽,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと
次の記事:三遊亭円楽、伊集院光ら弟子たちにスパルタ教育を行わなかった理由を告白「それは、ウチの師匠(先代円楽)が間違ってたから」

前の記事:三遊亭円楽、毎年受けていた呼吸機能検査での異変をきっかけにごく初期の肺癌が発見されたと告白「ちょっと力がなさすぎるから」

本日の注目記事