TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、落語は観客の前ではなく師匠・三遊亭円楽の前だけで披露したいと思う理由「評価してもらいたい人が、師匠しかいない」

伊集院光、落語は観客の前ではなく師匠・三遊亭円楽の前だけで披露したいと思う理由「評価してもらいたい人が、師匠しかいない」

2018.10.16 (Tue)
2018年10月15日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、落語は観客の前ではなく師匠・三遊亭円楽の前だけで披露したいと思う理由について語っていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:前に、昼間の番組に神田松之丞さんが来て。で、「落語、もうやらないんですか?」って生で訊かれて。その時に言った感想が、その時の一番、俺の正直なところで。

なんとなく、師匠に落語を見せたい気はするんだけど、人に見られたくないっていう(笑)別に、お客さんの前でやりたい意識とか、落語会に所属したいっていう意識はあんまないのよ。

面倒くさいことが凄いいっぱいあるから。だけど、師匠に「こんな感じのずっと前に教わったことが、こんな解釈で出来上がりました」みたいのは、ちょっと見せたかったりとか。

自己満足として。落語ファンではあるから、自己満足として、「こういう感じの解釈が正しいんじゃないかと私は思ってます」っていう。で、自分の落語を評価してもらいたい人が、師匠しかいないわけよ。

別に、一般の落語会で名を馳せたい意識は全くないし、落語通の人とかに聞いてもらいたい意識もほぼないから。そうするともう、もはや師匠が「あ、それいいじゃん」って言ってもらうかどうかだけのことだから。師匠の前では、ちょっとやりたい俺もいる、みたいなところなんだけど。

まぁね、こればっかりは分かんないですね。

関連記事


伊集院光、師匠・三遊亭円楽(楽太郎)との入門からタレント転身した現在に至るまでのエピソードトークまとめ

伊集院光、三遊亭円楽に「70歳を迎えた記念の会で伊集院に落語を」と言われたことを明かす「師匠、68だからそんな先じゃないじゃん」

伊集院光、落語家ではなくタレントをしていることに師匠・三遊亭円楽が「ある意味、今、回り道みたいなもの」と発言していたと明かす


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,三遊亭円楽,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力
次の記事:伊集院光、三遊亭円楽の落語のおかげで『Qさま』でロザン宇治原を破って優勝したと明かす「奇跡が起こるんだよ」

前の記事:伊集院光、三遊亭円楽に落語をするよう誘われることに言及「やりたくないわけじゃないけど、やるって言う勇気もなかなかない」