TOPオススメ商品 ≫ 伊集院光、「VRで見るAVに夢中になっている」とは言えず妻の「なぜ数万円出してVRゴーグルを買うの?」の質問に困っていたと告白

伊集院光、「VRで見るAVに夢中になっている」とは言えず妻の「なぜ数万円出してVRゴーグルを買うの?」の質問に困っていたと告白

2018.10.09 (Tue)
2018年10月8日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、「VRで見るAVに夢中になっている」とは言えず妻の「なぜ数万円出してVRゴーグルを買うの?」の質問に困っていたと告白していた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:事情がありましてね、VRのゲームをやらなきゃならないっていう。ちょっと、切羽詰まった事情がありまして。

これは何かって言いますと、VR、Oculus GOっていうVRのゴーグルを買いまして。で、それにハマってまして。

Oculus Go


そのVRのゴーグルにハマってるんじゃないんですよ。それで3DのVRのエロを見ることにのみハマってるんですよ。で、それ以外に用途はもうないです、申し訳ないですけども(笑)

知り合いがすげぇ面白いゲームを作ってるんですけど。そのゲームは面白いです。アーチェリーのゲーム、凄い面白いんですけど。

そのアーチェリーのゲームより、やっぱりVRのエロスが凄い面白いんで。面白いっていうか、もうエロスなんで(笑)そればっかりになっちゃうんですね。

で、あまりに熱中してますから。あと、強いて言えば、Netflixを見たりするんですけど。ハマっちゃうんで、顔面に、そのゴーグルの痕がついちゃうんです。Oculus GOは海外で作ってるせいなのかな。鼻が高い人に向けて、どうもできてるっぽくて。

一応、日本人向けっていうか、鼻の低い人向けのアタッチメントみたいなのも買ったんですけど、それでも鼻の下のところにちょっと隙間が出来ちゃって、エロに没頭できないんですよ。

せっかく素敵な下半身が合成されてるにも関わらず、自分の中で。シックスパックの男優さんの下半身が合成されているのにも関わらず、その鼻の下から、ちょっともうだらしない腹が見えちゃうだけで、もう何か興ざめになっちゃいますから。

もう、そのゴーグル型の機械をぎゅうぎゅうに顔につけることで、鼻の下を留めていきますから。その後、超エロスに熱中しますとね、結局、それを取った後に、顔面に痕がつくんです。

で、しかもオッサンになると、あの痕がとれねぇの(笑)あの痕が本当長ぇの、とれるまでが。で、だから疑われるっていうか。「それ、そんなに面白いの?」って言われるわけ。ウチのカミさんとかに、「また顔に痕ついてるけど」って言われて。

「なんか、あの変なやつやってたの?」って言われて。「やってた、やってた」って。「そんなに面白いの?」って話になるわけ。「そう面白くはない」って。「全然、面白くない」っていう。「ただ、仕事だから」っつって。「仕事だから、そりゃ俺は一応、ファミ通とか書いてて、仕事だからやらざるを得ないけど、全然。ちっとも面白くない」って言うんだけど、もう限界あるじゃん。

これ、でも自分の周りでも、家族持ちの人間が「なぜ数万円出して、そんなVRを買うの?」の答えに、皆困ってるんですよ。エロですよ、基本的には。ついでにちょっとゲームぐらいですけど、エロじゃないですか。

関連記事


伊集院光、単体型VRヘッドセット「Oculus Go」をレビュー「解像度や処理速度」には改善余地あるも外付け機器から「解放される素晴らしさ」

伊集院光、知人が「Oculus Go」のフェイスブックとの紐付けで「友達全員DMMにアクセスしてた」と判明

伊集院光、単体型VRヘッドセット「Oculus Go」を新幹線やスポーツジムで楽しめるのではと提案「俺、やろうと思ってる」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,OculusGO,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オススメ商品
次の記事:伊集院光、「VRにおけるスーパーマリオ」の感覚を味わえるPS4ゲーム『ASTRO BOT』をオススメ「マリオで作るゲームをソニーが先作った感じ」

前の記事:伊集院光、「6年待ちのコロッケ」がすでに13年待ちになっているというその店の対応に疑問「なんじゃそりゃ」