TOP神田松之丞 問わず語りの松之丞 ≫ 神田松之丞、伊集院光と「構成作家・渡辺雅史」との関係性に驚く「師弟感よりも密な空気」「ただいて欲しい」

神田松之丞、伊集院光と「構成作家・渡辺雅史」との関係性に驚く「師弟感よりも密な空気」「ただいて欲しい」

2018.10.08 (Mon)
2018年10月7日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『神田松之丞 問わず語りの松之丞』(毎週日 23:00-23:30)にて、講談師の神田松之丞が、雑誌『Pen+』での伊集院光との対談の中で、伊集院光が語った「構成作家・渡辺雅史」との関係性に驚いたと語っていた。

Pen+(ペン・プラス)『完全保存版 1冊まるごと、神田松之丞』


謎の多い「構成作家・渡辺雅史」という存在


神田松之丞:俺、なんか構成の渡辺(雅史)さんって、なんかよくわかんない存在だなって。昔から聴いてて思ってたの。で、俺はこの番組って別に、パクってるわけじゃないんだけど、馬鹿力をさ。

なんか、目の前に笑い屋のシゲフジ(常磐津佐知太夫)っていうさ、渡辺さんっぽい人がいてさっていう。でも、普段から俺らが言ってたのはね、渡辺さんって、言っても『深夜の馬鹿力』の構成とかやって、で、さらに伊集院さんにアドバイスとかして、まぁ色々、なんかその深夜の馬鹿力のために、元々、伊集院さんのファンだった人が、出待ちかなんかしてて、雇われて今に至ってるっていう。『Oh!デカ』くらいの頃からかな。

ずっと前から、もう最初の初期からいるっていう人だからさ。そういう人で、常に伊集院さんと二人三脚で。伊集院さんって、正直さ、自分にも厳しいさ、番組のことを凄く考えてるし、全力で当たるって。そのさ、伊集院さんっていうさ、非常にこう…なんて言ったいいのかなぁ…言葉選ぶね(笑)

ふふ(笑)なぜ言葉選ぶかって言うと、多分、聴いてるから(笑)御大が(笑)御大が聴いてるから。そういう人と二人三脚するって、凄いじゃんって思って。

「構成に携わってない」渡辺氏


だから、「渡辺さんってどういう人なんですか?伊集院さんから見て」っていう話聴いたら、「とにかく、シゲフジなんかただ笑ってるだけなんだから」って思ったらさ、渡辺さんさ、まず「構成に携わってない」って言うのよ。

「え?」って思って。だから、「渡辺さんって、何なんですか?」って言ったら、「何なんだろうね?」って(笑)あと、笑ってんのと、基本的になんかメモを渡すんだって。固有名詞とか出なくなったら。それだけだっつうのよ(笑)それで20数年とかやってんだと思って。

結局さ、シゲフジも俺と伊集院さんの対談を聴いてたんだけどさ、シゲフジがまず「俺と同じじゃん」って言ったの。「渡辺さんって、偉いかと思ったら、俺と同じじゃん」って言ってんのよ(笑)

お前と同じではないけど。爆笑さんのとか、ちゃんと作家としてやってんだから。お前じゃないけども。だから、「どんな存在なんだ?」って思ってさ。

「依存してる」伊集院光・渡辺雅史の関係


でさ、伊集院さん曰く、「依存してる関係なのかもしれないね」って言ってて。で、「彼はとにかく鈍感だから」って。聴けば聴くほど、その関係性がおかしくってさ。

前から、『深夜の馬鹿力』って、変なラジオだなって思ってたのよ。それ、伊集院さんの面白さに隠れてんだけど、なんかね、心の中で凄い…なんだろう、今、頭の中で「パワハラ」って言葉が出てんだけど(笑)それはそのまま使いづらいなぁ(笑)

パワハラじゃないんだけど、なんかよく分からない師弟感とか。師弟感よりも密な空気みたいなのを感じて。渡辺さんに向けてやってる、みたいな感じがちょっとある感じしてて。

で、彼はもちろんファンだから、そのファンの前で、もちろん構成とかをするのもイヤだし、ネタとかさ、「こんなの喋ったらどうかな?」っていうのもイヤだしっていう。ある種、『Oh!デカ』時代から聴いてた奴に対して、「今の俺も延長線上で、ずっと昔のままだ」っていうものの象徴なのかなって捉えられて。

伊集院光は渡辺氏に「ただいて欲しい」


だから、その不思議な関係なのがさ、なんか伊集院さんがGPSかなんか持ってて、渡辺さんも伊集院さんの位置を常にチェックしてんだって。それ、おかしいだろ、関係性(笑)

「SPなの?」って思って(笑)で、伊集院さんが…「まぁ、これコンプライアンスの関係でさぁ、世間の人が言うと引いちゃうかもしれないけど」って、伊集院さんもちゃんと言ってて。いいよね、不思議な関係だから、仕事としてみんな聴いて欲しいんだけど。

電話かけたら、15分以内に伊集院さんがどこにいようと、必ず15分以内に渡辺さん来るんだって。極端に言うと、東京にいなくて、神奈川とかさ、なんか沖縄とかにいてもさ、来てくれて、渡辺さんが。

別に何をするわけじゃないんだって。「ただいて欲しい」んだって(笑)「なんだ、その関係」って(笑)怖いっていうか。

でもなんか結局、必要なんだよね、伊集院さんにとっては。その渡辺さんっていう存在がいることによってっていう。

でも、伊集院さんが言ってたのが、「アイツもいい年齢だからさぁ」って。「おじさんになっちゃってるから、この関係も歪(いびつ)だし、俺でもおかしいと思ってんだよね」っつって。

関連記事


構成作家・渡辺雅史氏が童貞を卒業

伊集院光、構成作家・渡辺くん(39)が婚活パーティーに参加したと明かす「鉄道の話題が好きな人、集まれ」

伊集院光 「構成作家・渡辺雅史を叱る」

伊集院光、『深夜の馬鹿力』構成作家・渡辺雅史が著書『銀座線の90年』を出版したと明かす「ざまぁみろ、売れてはいねぇ(笑)」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,神田松之丞,渡辺雅史,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  神田松之丞 問わず語りの松之丞
次の記事:土田晃之、「きのこアタッチメント」による簡単操作・消臭効果が売りの「SHARPプラズマクラスター布団乾燥機UD-BF-1」をオススメ

前の記事:神田松之丞、伊集院光との対談で『伊集院光とらじおと』以来に会った瞬間「あ、俺やっぱこの人好きだ」と実感したと告白

本日の注目記事