TOPたまむすび ≫ 外山惠理アナ、山里亮太が恨みつらみを綴った「デスノート」を書いていることに「引いちゃった」と告白

外山惠理アナ、山里亮太が恨みつらみを綴った「デスノート」を書いていることに「引いちゃった」と告白

2018.10.03 (Wed)
2018年10月3日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、TBSアナウンサーの外山惠理が、南海キャンディーズ・山里亮太が恨みつらみを綴った「デスノート」を書いていることに「引いちゃった」と告白していた。



外山惠理:『ゴロウデラックス』っていう、夜やってる本の番組に、山里さんがつい最近、ゲストで。

博多大吉:ああ、出てたね。つい最近。

外山惠理:つい最近、ゲストで来てくださって。それで、お話したら「本当はいい人なんだ」って思って。

博多大吉:ふふ(笑)未だにアイツ、根は信じらんねぇ派でした?(笑)

外山惠理:いや、本を読んだ時に、「うわぁ…」って思って、ちょっと引いちゃったんですよ、私。

博多大吉:ああ、はいはい。ネガティブな。

外山惠理:凄く厳しいし。

博多大吉:厳しいの?

外山惠理:うん。ノートに凄い強い字で、「アイツ、絶対許さない」みたいなことを書いて、それをエネルギーにされる。

博多大吉:うん、デスノートね(笑)

外山惠理:そう。デスノートのせいで、「うわぁ、怖いなぁ」って思ってたんです。吾郎さんと「なんか、ノートに今日も書かれるんでしょうね」みたいな感じで(笑)

博多大吉:うん(笑)

外山惠理:でも、話したら全然そんななくて。

博多大吉:うん。

外山惠理:それをエネルギーにするっていうのは、私も凄く勉強になったんですけど。

博多大吉:うん。

外山惠理:そこはね。自分に凄く厳しくて。

博多大吉:山ちゃんは。

外山惠理:そう。だから、人にも厳しい人なんだなって。でも、本当は優しい人なんだなって。だって、あそこまで赤裸々に書かないですよね。

博多大吉:まぁ、お金のためならって話もあるけどね。

外山惠理:ふふ(笑)そんなことないでしょ(笑)

博多大吉:「1円でも多く」って思えば、書くかもしれないけどね。

外山惠理:ふふ(笑)で、結局、しずちゃんとも仲悪かったんだけどってことを書きつつ、しずちゃんって人が凄くいい人ってことも書いてるし。

博多大吉:うん。

外山惠理:そういう辺りが、「この人、いい人だな」って思ってて。それで昨日共演だったんで、楽しみだったんですけど。面白かったです、凄く。

博多大吉:やっぱ山ちゃん、さすがって感じですね。

関連記事


山里亮太、『マツコ・デトックス』でも出せなかった恨み辛みを書いたノートをエッセイ『天才はあきらめた』に掲載

山里亮太、「嫌いな人」の悪口や復讐するためのショートストーリーをノートに書いていると告白「腐れ外道版 星新一」

山里亮太、オードリー若林の『天才はあきらめた』解説文はカットありきで書くも編集者が「こんな名文は切れない」と全文掲載したことを明かす


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 山里亮太,外山惠理,博多大吉,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:外山惠理アナ、TBS番組のロケでスタッフの段取りが悪いと激怒した過去を告白「失礼過ぎません?」

前の記事:博多大吉、『あさイチ』前にBSと地上波の2回朝ドラを見てオープニングに臨んでいると告白「終了2分前に立ち上がって」