TOP爆笑問題カーボーイ ≫ 爆笑問題・太田、樹木希林が向田邦子の死後に名誉を傷つけた脚本家とは「一切、仕事をしない」と決めていたと明かす

爆笑問題・太田、樹木希林が向田邦子の死後に名誉を傷つけた脚本家とは「一切、仕事をしない」と決めていたと明かす

2018.09.19 (Wed)
2018年9月18日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、女優・樹木希林が向田邦子の死後に名誉を傷つけた脚本家とは「一切、仕事をしない」と決めていたと明かしていた。



太田光:「希林さん、向田邦子さんのこと『仲悪い』だなんて口ではおっしゃってますけども、好きだったんじゃないんですか?」って言ったらね、「うん、まぁそこまでは言わないけれども」って。

田中裕二:うん。

太田光:「ただ、あの方が飛行機事故でお亡くなりになった時に、色んな全部の記事を読みました、私は。その時、向田さんの同業者で、『取材旅行と称して、出版社からお金を出してもらって旅行に行って事故に遭った』みたいなことを書かれてる方がいらっしゃったんです」と。

田中裕二:うん。

太田光:「その言い方はない。私は、あれは本当に怒りがこみ上げてきて。その方とは、一切、仕事をしないと決めました。未だに仕事してないです」って言ってたね。

田中裕二:へぇ。

太田光:そういう、なんていうのかな。

田中裕二:単純に好き嫌いの話じゃないですね。

太田光:希林さんの男気…男気っていうのも変ですけどね。言葉にしないんですよ。

田中裕二:うん。

太田光:樹木希林さんも、向田邦子さんも、決して言葉にはしない。けれども、自分で決める。自分の中で「この人」って決める部分っていうのは、お互いあって。

田中裕二:うん。

太田光:そういうのがあって、お互い、尊敬してたんだなって思いましたね。

田中裕二:そうでしょうね。

太田光:そう思いましたね、希林さんとの話を聞いて。

関連記事


樹木希林について語った明石家さんまや爆笑問題・太田ら芸能人たちのエピソードトークまとめ

伊集院光、樹木希林の訃報にワイドショーコメンテーターが「いい人だった」と言うことに疑問「お前、生きててもそのトーンで言えた?」

伊集院光、樹木希林をゲストで迎えてスポンサーのコーヒーセットに「いらない」と突っぱねられて焦った過去「肝を冷やした」

古舘伊知郎、樹木希林がギャラの安いオファーを断る際の返答に驚く「あら、そのお値段?ちょっとかったるいわね」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 爆笑問題,太田光,樹木希林,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ
次の記事:爆笑問題・田中、西城秀樹と樹木希林が同じ年に亡くなった偶然を不思議に思う「なんだろうと思っちゃう」

前の記事:樹木希林、ドラマ『時間ですよ』は向田邦子の脚本が遅く出演者たちでコントを作って繋いだと明かす「向田さん作ってないのよ」

本日の注目記事