TOPオススメ商品 ≫ 宮迫博之、漫画『BLUE GIANT』を高3の息子に勧めたところ夜中に「めちゃめちゃオモロイ!」と感想を言いにきたと明かす

宮迫博之、漫画『BLUE GIANT』を高3の息子に勧めたところ夜中に「めちゃめちゃオモロイ!」と感想を言いにきたと明かす

2018.09.13 (Thu)
2018年9月11日放送のMBSラジオのラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週月-木 22:00-23:30)にて、お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之が、漫画『BLUE GIANT』を高3の息子に勧めたところ夜中に「めちゃめちゃオモロイ!」と感想を言いにきたと明かしていた。

BLUE GIANT


宮迫博之:ロケの時、さんまさんが「宮迫、最近なんかオモロイ漫画とかないんか?」って言われて。「『BLUE GIANT』ってありまして」「ああ、楽器モンかぁ」って言うて。

筧美和子:はい。

宮迫博之:で、「マジで面白いです」って話をして、後日会ったら「あれ、めちゃめちゃオモロイな」って話になって。

筧美和子:へぇ。さんまさんも読んでるんですね。

宮迫博之:そう、そう。

小沢一敬:漫画好きだもん、あの人。

宮迫博之:そう、そう。で、また別の日に会ったら、「キムタクに勧めたら、キムタクもハマって、めっちゃ読んでる」言うて。

筧美和子:ふふ(笑)伝染してる(笑)

宮迫博之:で、息子。ウチの高3の子に「『BLUE GIANT』ってオモロイぞ」って。「でも、音楽モンやろ」って。

松田大輔:はい。

宮迫博之:「ええから、今、ある分全部置いておくから、読め」言うて、リビングに置いておいてん。全然読まへんねん。

小沢一敬:うん。

宮迫博之:「読まへんなぁ」って。で、ある日、家に帰ってきたら、それがないねん。夜中やで。で、自分の部屋に行ったら、バーンッてきて。

小沢一敬:うん。

宮迫博之:「なんやの、あの漫画。めちゃめちゃオモロイねんけど!」って。

松田大輔:へぇ、ああ読もう。

小沢一敬:そのシーンが、もう漫画っぽいじゃん(笑)

松田大輔:漫画っぽいですね、今(笑)

宮迫博之:せやねん。言いたくてしゃあなかってんて。

松田大輔:へぇ。

宮迫博之:「めちゃめちゃオモロイやん」って。一気に読めるから、見てみ。

BLUE GIANT


関連記事


有吉弘行、漫画『BLUE GIANT』を1巻だけ読んで面白さを確信「電子書籍で10巻までまとめ買い」

スピードワゴン小沢、バイきんぐ小峠が『BLUE GIANT』の影響でサックスを始めたと明かす「『BLUE GIANT』読んで」

明石家さんま、雨上がり宮迫に漫画『BLUE GIANT』をオススメされるもタイトルを忘れてしまう「本屋に寄ってんけど…」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : BLUEGIANT,宮迫博之,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オススメ商品
次の記事:マツコ・デラックス、ついにリラックマのぬいぐるみを買ってしまったと告白「負け始めてる」

前の記事:町山智浩、映画『search/サーチ』は「恐怖と感動が両立」した作品であると語る「スピルバーグ監督とシャマラン監督を尊敬」