TOP爆笑問題カーボーイ ≫ 爆笑問題・太田、デビュー当初は天皇陛下御崩御で「自粛ムード」であったと語る「自粛ムードが一番やりにくい爆笑問題」

爆笑問題・太田、デビュー当初は天皇陛下御崩御で「自粛ムード」であったと語る「自粛ムードが一番やりにくい爆笑問題」

2018.09.05 (Wed)
2018年9月4日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、デビュー当初は天皇陛下御崩御で「自粛ムード」であったと語っていた。

JUNK 爆笑問題カーボーイ
JUNK 爆笑問題カーボーイ [DVD]

太田光:我々も30周年でね。

田中裕二:はい。先週の木金土と。

太田光:忘れられない30周年だね。

田中裕二:そうですね。たくさんのお客さんにも来ていただいて。

太田光:さくらももこさんも死んじゃうしね。本当…我々、考えてみればさ、始まった時はそれこそ、天皇陛下御崩御の年だからね。

田中裕二:そうですね。いわゆる世の中、自粛ムードという。

太田光:自粛ムードの中で。自粛ムードが一番やりにくい爆笑問題ですよ。

田中裕二:まぁそうですよ。もちろん、まだテレビとかほとんど出てないですけど。

太田光:出てないですけど。デビューした時がもう、すでに自粛ムードなんだから、何かをやっぱり暗示してたんだろうな。

田中裕二:まぁ、ちょっとね。ほぼ平成の30年ですから、我々の活動というのが。すぐに平成だったわけですから。それが終わるわけですから。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 爆笑問題,太田光,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ
次の記事:爆笑問題・太田、桑田佳祐の「爆笑問題結成30周年記念ライブ」への感想メールで「『硫黄島』の二宮君の芝居を思い出しました」

前の記事:伊集院光、ドウシシャのかき氷機で3種類の中から「ふわふわとろ雪かき氷器DTY-18BK」をオススメ