TOP爆笑問題カーボーイ ≫ 爆笑問題・太田、週刊新潮「裏口入学」記事を映画『カメラを止めるな!』制作費300万に絡めてネタに「俺なんか800万で入った」

爆笑問題・太田、週刊新潮「裏口入学」記事を映画『カメラを止めるな!』制作費300万に絡めてネタに「俺なんか800万で入った」

2018.08.09 (Thu)
2018年8月7日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、週刊新潮「裏口入学」記事を映画『カメラを止めるな!』制作費300万に絡めてネタにしていた。

週刊新潮 2018年 8/16・23 合併号


ネタメール:今、話題の映画『カメラを止めるな!』。

映画「カメラを止めるな!」あらすじ・ネタバレ・結末・どんでん返しの解説

田中裕二:うん。

太田光:知ってる?

田中裕二:見ました、見ました。

太田光:あ、見たの?面白かった?

田中裕二:面白かった。

太田光:最後どうなんの?

田中裕二:いや、それは言わないよ。

太田光:うん。

田中裕二:言わないけど、とても爽やかな、いわゆる見終わった後、わりとハートウォーミング的な爽やかな映画でしたね。

ネタメール:『カメラを止めるな!』の主演の俳優の濱津隆之さんがツイッターで、「ファンタスティックだーはらさん」とつぶやき、カーボーイリスナーであることが発覚したのを見て思っちゃった。

田中裕二:へぇ、凄い!嬉しいね。

太田光:でも、今日でやめるかもしれないな。「アイツ裏口だから」って。

田中裕二:はっはっはっ(笑)

太田光:チキショー。

田中裕二:でも、いい役者さんだと思ったよ。本当にいい顔をしてる。

太田光:だって、全然無名なんでしょ?みんな。

田中裕二:まったく…正直、本当に見たことない人しか出てなくて。

太田光:うん。

田中裕二:凄く手作り感溢れてて。

太田光:制作費300万?

田中裕二:うん。

太田光:俺なんか、800万で入ったのに。

田中裕二:はっはっはっ(笑)高ぇなぁ。

太田光:俺の入学より安いじゃねぇか。

田中裕二:高ぇなぁ、800万。

ネタメール:もし『カメラを止める!』の監督が荒井注さんだったら、タイトルは『カラオケを入れるな!』だと思う。

田中裕二:はっはっはっ(笑)

太田光:許してやれ、もう本当に。

田中裕二:ふふ(笑)

関連記事


爆笑問題・太田、週刊新潮「日藝へ裏口入学」記事に激怒しつつ否定「誰が裏口入学だ、この野郎!」

爆笑問題・太田、週刊新潮「日藝へ裏口入学」記事に光代社長が激怒していた理由に驚く「日大なんて、バカにしてんのに…」

爆笑問題・太田、週刊新潮「裏口入学」記事で父親との最期の会話はあまりに紛らわしかったと語る「大学も入れてもらったし」

爆笑問題・太田、週刊新潮「裏口入学」記事に「本当に傷ついちゃってる」と告白「もう上の空だから」

爆笑問題・太田、週刊新潮「裏口入学」記事は立川談志や両親への思いが誤認されている点も「イヤなんだ、この記事が」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 爆笑問題,太田光,週刊新潮,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ
次の記事:宮迫博之、売れっ子芸人は残り続けるため若手芸人がブレイクするには「ムーブメントを起こせるほどの才能」が必要と語る

前の記事:爆笑問題・太田、悪意に満ちた週刊新潮「裏口入学」記事を書いたのが取材に来た記者とは思えないと語る「そんな風に見えなかった」

本日の注目記事