TOP爆笑問題カーボーイ ≫ 爆笑問題・太田「とんねるず・石橋の『大どんでん返し』のルーツ」

爆笑問題・太田「とんねるず・石橋の『大どんでん返し』のルーツ」

2013.02.28 (Thu)
2013年02月26日放送の「爆笑問題カーボーイ」にて、とんねるず・石橋貴明がねるとんで多用していた『大どんでん返し』のルーツについて語っていた。新 巨人の星 DVD-BOX 1

太田「星飛雄馬が左投げ右打ちでしょ?それを"大どんでん返し"で知って」

田中「うん?」

太田「『大どんでん返し』って、『巨人の星 パート2』じゃないですか」

田中「パート2?」

太田「『新 巨人の星』ですよ」

田中「あぁ、はい。あれは全然、読んでないから」

太田「大どんでん返しの意味、分からないの?」

田中「分からない」

太田「えぇ?」

田中「『新 巨人の星』って、随分たってからでしょ?バッターとなって活躍するっていう」

太田「はい」

田中「第一話は読みましたよ。『長嶋監督の90番が泣いてます』ってラーメン屋だか定食屋だかでテレビを泣いてるサングラスの男がいて」

太田「そうそう。草野球のホームラン請負で稼いでいるっていう」

田中「指名打者みたいなのでね。それでやってるっていうのは読んだんだけど、『何これ』って感じになっちゃって」

太田「そもそも、『巨人の星』からでしょ。あの物語は、俺はあんまり好きじゃないんだよ。ピッチャーの物語って好きじゃないし、まず、暗い」

田中「まぁね」

太田「全部観てますけど、何度も観てますけどね」

田中「スゲェ好きかって言われるとね(笑)」

太田「飛雄馬の性格とか嫌いですからね」

田中「そら分かるよ」

太田「ジメジメしてて、本当に煮え切らないというか」

田中「ええ。本当に心が弱いんですよ」

太田「マウンド上でも号泣ですよ」

田中「うん」

さらに、以下のように語っていた。

太田「大どんでん返しっていうのは、右にスイッチするんですよ」

田中「ああ」

太田「左投げで肩を壊しちゃってもうダメだ、と。そのときに一徹が『実はまだ、他の手がある』って言うんですよ」

田中「うん」

太田「飛雄馬を英才教育したのは一徹ですから。『もともと飛雄馬は右利きだった。それを左に変えたのがワシじゃ。大どんでん返し!』って言うんですよ」

田中「あぁ、それか(笑)それをタカさんがやってたんだ(笑)元はそれなのね」

太田「そうですよ。元はこれですよ」

田中「タカさんのオリジナルだと思ってた」

太田「違います。一徹のセリフなんですよ。それで、マスコミが騒ぐんですよ。『大どんでん返し』って。右で投げてくるぞっていう」

田中「『新 巨人の星』は全然、読んでないからね」

太田「俺も途中で止めてますけどね」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 爆笑問題,巨人の星,石橋貴明,とんねるず,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ
次の記事:爆笑問題・田中「西川史子がマネージャーの前で泣いていた」

前の記事:02/26のツイートまとめ