TOPオレたちゴチャ・まぜっ! ≫ 加藤浩次、ボクシング連盟・山根会長は「自分が正解」という中に居続けたため現在の社会には受け入れられづらいと指摘

加藤浩次、ボクシング連盟・山根会長は「自分が正解」という中に居続けたため現在の社会には受け入れられづらいと指摘

2018.08.05 (Sun)
2018年8月4日放送のMBSラジオのラジオ番組『オレたちゴチャ・まぜっ!~集まれヤンヤン~』(毎週土 26:00-28:45)にて、お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次が、ボクシング連盟の山根会長は、「自分が正解」という中に居続けたため現在の社会には受け入れられづらいと指摘していた。

がっちりマンデー!!


加藤浩次:時代の中で、いろいろ大変な思いもしてきたと思うんだよ、あの会長も。

田村亮:ああ、恐らくそうですね。

加藤浩次:で、信念でずーっと来てるから。「自分が正解」ってところで、ずーっと来てるから。

徳井健太:うん。

加藤浩次:なかなか、今の時代はもうちょっと…

有野晋哉:周りがやってんのかもしれないしね。

徳井健太:それはそうなんでしょうけどね。

有野晋哉:番組によっては、「今の思いを色紙に書いてください」って。

加藤浩次:ああ、そこまでなってきてんだ。

有野晋哉:そうです、そうです。絶対、会長は持ってへん色紙とペンやろっていうので書かせてるから、字、めっちゃ小さいんです。

徳井健太:はっはっはっ(笑)

有野晋哉:色紙に、めっちゃ字小さくて(笑)「ああ、やらせてるから、こうなるわなぁ」って。でも、そこは番組が用意したとか言わないじゃないですか。

加藤浩次:うん、うん。

有野晋哉:なんか変な感じになってきてます。

加藤浩次:そこ変な感じになってくると…

有野晋哉:なんか、ブレますね。

加藤浩次:でも、難しいですね。

関連記事


加藤浩次、ボクシング連盟・山根会長が『スッキリ』で森田組の元組長から脅迫を受けていると告白したことに驚愕「言った!」

加藤浩次、ボクシング連盟・山根会長へのインタビューは「論理的な会話のやりとりは諦めた」と告白「会話、成立しねぇんだな」

加藤浩次、ボクシング連盟・山根会長がインタビューの待ち合わせ場所を間違え『スッキリ』スタッフが大慌てだったと明かす


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 加藤浩次,山根会長,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オレたちゴチャ・まぜっ!
次の記事:加藤浩次、ボクシング連盟・山根会長は「時代の中でグレーなこともやってきた」人物であり「今のトップ像とはかけ離れている」

前の記事:加藤浩次、ボクシング連盟・山根会長が『スッキリ』で森田組の元組長から脅迫を受けていると告白したことに驚愕「言った!」