TOP伊集院光とらじおと ≫ 伊集院光、ホリエモンに「新幹線のリクライニング問題」をツイートした意図を質問「どういう意識なんですか?」

伊集院光、ホリエモンに「新幹線のリクライニング問題」をツイートした意図を質問「どういう意識なんですか?」

2018.07.31 (Tue)
2018年7月31日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、実業家の堀江貴文に対し、「新幹線のリクライニング問題」をツイートした意図を質問していた。

これからを稼ごう 仮想通貨と未来のお金の話


伊集院光:(堀江貴文が)広島の災害の話しをしてる時に、「選挙の時に手振ってくれた人もいるし、心配」みたいなことをちょろっと言うのね。

堀江貴文:はい、はい。

伊集院光:でも、みんなの中のホリエモンキャラは、そういう人じゃないじゃん。もっと人でなしだと思って見てるじゃない?(笑)

堀江貴文:ああ、なるほどね。

伊集院光:「なんで、この人こんなに可愛らしいこと言うのに、急に、新幹線の中の乗客ディスって炎上すんだろう?」って思う。

堀江貴文:ああ。

伊集院光:何なの?あのバランスは。

堀江貴文:あれはもう、完全にああいう世の中をなくしたいと思っているからですよ。

伊集院光:まぁまぁ、事の次第は皆さんも多少は知ってるでしょうけども、新幹線の中で、「リクライニングを倒していいですか?」って聞いた人に対して、「いちいち話しかけてくんじゃねぇ」っていう(笑)

堀江貴文:そう、そう(笑)

伊集院光:ツイートをする、と。

堀江貴文:ツイートだけじゃなくて、本当に言いましたけどね。

伊集院光:本当に言う、と。それで炎上するじゃないですか。あれは、書くときに、言うときに、どういう意識なんですか?

堀江貴文:いや、もうそういう意識ですよ。僕は、「書きたい」って思ったから書いてるっていう。

伊集院光:その時に…でもそうか、損得の考え方は違うもんね。アンチであろうが、なんであろうが。

堀江貴文:だから、一時的にはそうやってアンチもきて炎上をするかもしれないなと思ったけれども、あれによって新幹線の…あれ多分ね、座席を倒す時に、「声掛けをしなければいけない」と思っている人たちは、あんな反論が来るとは夢にも思ってなかったと思うんですよ。

伊集院光:うん。

堀江貴文:だけど、もう何かわかんないけど、寝てるときに声をかけられるとかもあるわけですよ。

伊集院光:はい(笑)

堀江貴文:そういう経験も実はあるんですよ。

伊集院光:はい。

堀江貴文:落ち着きたいのに、みたいな。「俺はこっちの本読んで集中してんのに、なんでいちいちそこに、ああ!」って思ってるんですけど。

伊集院光:うん。

堀江貴文:そういうような。多分、それに類することだと思うんですけど。

伊集院光:はい、はい。

堀江貴文:そういう、変な気のつかい方をして欲しくないっていうふうに思ってる人は、一定パーセンテージいると思ったし、だけど善意の押し付けをしているというか、そういう人は「いいことをしてる」と思ってるから厄介だ、と思って。「これは言わねば」と。

伊集院光:うん。

堀江貴文:でもね、最終的に落ち着いたと思うんですよ、わりと。

伊集院光:へぇ。

堀江貴文:要は、グリーン車とかだったらもうゆっくり倒せばOKとか。飛行機の普通席とか、そういう狭いところだと、ちょっと後ろの様子を確認しながら徐々に下ろしていく、みたいなのがどうもいいらしいみたいな(笑)

関連記事


おぎやはぎ矢作、新幹線のリクライニング問題は「無言でちょっとずつ、ちょっとだけ倒す」が正解ではと語る

おぎやはぎ矢作、新幹線の座席で後ろの乗客が自分の肘掛けのところに足を出してきたことに驚愕「正気か?」

博多大吉、隣に座ったマナーの悪い新幹線の乗客にイライラ「なんや?このオッサン」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,堀江貴文,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと
次の記事:伊集院光、ホリエモンに対して「憧れと嫌悪」両方の感情を抱く理由について語る「僕は人一倍炎上が怖いの」

前の記事:ホリエモン、「自分と違う意見の人=嫌いな人」ではないと語る「そこは分けた方がいい」